北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

命門を開いて~太極拳。。。

f0007580_23414872.gif練習参加者たちの身型が整って法(劲)が出現し始め~最近は、収腹(お臍を命門に貼り付ける)を利用して四肢を活動(丹田活用)~に精進しています。
命門を開く⇒督脈(脊柱裏面から分かれ腎に絡す)や、その両脇の腎兪(膀胱経→足から目まで通っている)を刺激(マッサージ)できるので、太極拳を健康運動とする為には欠かせない要素です。


「生徒たちに動作を教える時、身法にも注意を払えるようにするにはどうしたら?」
「立身中正を維持することによって得られる健康効果を伝えながら~がイイかも。例えば腎~」
という会話があったので、、、


★督脈。。。
「陽経の海」といわれ、諸陽経を統括する作用をもつ。その流注により、経穴の作用は生体の陽気を鼓舞させることである。脳脊髄に沿って流注してこれと密接な関係があり, それに連る自律神経系にも強い関連性を持っている(頭項部の鎮静作用)、上背部の呼吸・循環器系の調節、中背部の消化器系、泌尿器系及び腰椎の疾患の治療、腰仙骨部の生殖器系や婦人科の疾患の治療に大別される。

f0007580_2372469.jpg


★そして、"腎"の働き。。。
「肝腎要(かんじんかなめ)」という言葉があるように、腎臓は重要な臓器。
その、主な働きは~血液の浄化/老廃物や毒素の排泄、体内の水分量や電解質の調整、ホルモンの分泌と調節。

・中国医学での≪腎≫。。。
五臓の中で一番重要な存在と見做されている腎。西洋医学の腎臓の概念と比較して、範囲の広い生理機能を含んでいます。中医学で言う腎は腎臓のみを著す言葉ではなく、泌尿生殖器系、ホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系、免疫系などを含む大変幅広い意味を持ちます。

「経絡訓練~足少陰腎経」といったように、経絡を通す訓練法もある太極拳。
又、伝統武術では⇒「好足少陰腎経、有牵一発而動全身之效。其中的関鍵穴道一松、全身皆松、必要的時候用于点穴手法補助、就能達到古称的“体酥”、做到了这一点、就可以導引全身筋肉和関節松散」。。。腎経を重要視している文献が多数あります。

腎経のツボの一つ「腎兪」⇒「腎を治する所」と言わているツボ。腰痛に効くツボとして知られていますが、非常に効果の高い経穴として知られていて~腎臓疾患、膀胱疾患、生殖器疾患、神経疾患・消化器疾患・呼吸器疾患などを改善するツボとしても知られています。
by takeichi-3 | 2018-03-28 00:00 | 太極拳理論 | Comments(0)