北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

武術苦修。。。少林心意把

3月31日に紹介した「少林心意把」、中国中央テレビのドキュメンタリーに登場。
選抜した弟子たちに、呉南方自身が行っていた苦修を~二十四時間、就寝時でさえも修行。



★少林《心意把歌訣》。。。の実践。
1) 意把勢法単、它系少林内功拳。拐起毛会藍掌宜吐、起落身法随意変。起如挙鼎提口気、“嗯”声落如分礫。運気宜順為要旨、落下好似掘地般。夜静練勢意集中,形似白猿跳山潤。
2)運运百会達湧泉、行輸丹田崑崙転。通往中腕到膻中、三合以后抵労宮。气从両足向上提、気達周身用呼气。起如挙鼎低顎吸、落地分礫気呼出。左右起歩循環跳、亮翅展身騰丈余。初練毎時三十六、月後九九八十一。天天如一千日連、功到気随走遍天。



このドキュメンタリー≪伝承≫シリーズの貴州苗族に伝わる「麻山絶技」も、凄いです。


by takeichi-3 | 2018-05-12 23:57 | 武術各派 | Comments(0)