張希貴老師。。。山西形意拳

良い動きの形意拳だなぁ~と思った「張希貴老師」。。。




山西省武術協会副主席、山西省形意拳研究会会長、武術九段、中華武術百傑の一人。
武侠小説を読んで武術に興味を持ち、偶然、名師郝学儒が教拳しているのを目にして~毎日のように見に行っているうちに老師が気付いて、この子は武術を学びたいのだろうか~が学武の始まり。



郝学儒より学んだのは、少林拳械、岳氏連拳八翻手、王新午太极拳等~後に、申子栄より形意拳、岳氏連拳八翻手、渾元一気功等~傅山拳法伝人の李思元より傅山拳法(山西傅拳非物質文化遺産伝承人)~沙国政より八卦掌、通背拳、形意拳、太極拳対練、拳械~~又、異なる門派の形意拳を名師(布学寛、趙永昌、李桂昌、楊吉生、王鴻、李三元、何福生等)たちに学び~妻の父楊隆柱からは綿掌、十手芸等を。。。

諸先輩から受け継いだ文化を失伝させてはならないを旨とし、自費を投じて、28年に亘って山西省伝統武術錦標賽を挙行。

ジェット・リーやドニー・イェン、呉京を育てた北京什刹海武校の呉彬老師も、動画の中で、その武徳を讃えています。


★岳飛八翻手の実践。。。




★鞭杆。。。八十を超えているとは思えない動きです。



by takeichi-3 | 2018-11-10 23:57 | 武術各派 | Comments(0)

太極拳用品販売の傍ら~拳理を解明しています⇒カレンダー下の「三清」をクリック~お立ち寄り下さい。m( _ _ )m


by takeichi-3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る