引身令柔~ウォーミングアップ向きストレッチ。。。

f0007580_23462319.gif

「引体令柔」~呼吸と身体の動きを協調させることによって、臓腑経絡の通りをよくし、身体を快適な状態に保つ~というような意味合いがあるそうです。

以前、訳さずに中国語で記載していた「引体」効果を改めて。。。



建物のドアや窓の開きがスムーズでない原因は、窓や門そのものではなく、建物自体(柱等)に問題があるから~その道理を通して人間の骨格についても理解できるのではないだろうか。

立身中正状態=下方向への伸筋抜骨。これは筋力主導となる動きを防ぐ。骨格を開く=意識により全身の関節を開く⇒骨格及び筋肉の流動による身体操作を習慣化させる⇒大脳によらなくても自然に行えるよう(習慣化となるよう)に~の訓練ともなる動き。

開肩のキーポイントは肩甲骨。首肩の結合部位を開く⇒重要なのは力まずに行う~肩、肘、腕、指へと松開を通していく体系的連接。練習を続けることによって流動性連接が身についてくる。この流動性は、肋骨ストレッチにより肩甲骨稼働(肩甲骨はがし)~肩、肘、腕、指へと流動。

※肩甲骨がスムーズに動かないと、含胸と抜背(気貼背)の自然形成が難しくなる。

肋骨ストレッチにより肋骨周りの筋肉も柔軟になるので、胸郭や横隔膜が活動しやすくなり、気沈丹田が充実。呼吸がよく入るようになると、上肢の骨格活動や気血の通りもよくなる。

★ゆったりとしたリズムで呼吸を取り込みながら~身体の緊張は自然にほぐれて松開します。

by takeichi-3 | 2019-05-19 23:58 | 太極拳 | Comments(0)

太極拳用品販売の傍ら~拳理を解明しています⇒カレンダー下の「三清」をクリック~お立ち寄り下さい。m( _ _ )m


by takeichi-3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る