北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

最後の追い込み。。。北京で太極拳


f0007580_22175681.jpg
人影まばらな校内で練習中の学生を発見。
日本では余り見かけない柔軟のポーズに感動!

現在一年生の彼。
元々は長拳をやっていて、昨年9月の入学以降に
太極拳を始めたそう。
こんな過激な柔軟を30分以上も続けていました。

その後に行なっていた提腿。
高いうえに、今までに見たこともない速さ。

流石、中国。レベルが高い。



そんな彼の傍らでは、オシメが取れたばかりの小さな男の子が、必死になって提腿の真似。
周りの大人たちが誉めると、上機嫌になって、いつまでも続けていました。

武術が生活の中に違和感無く存在している。もの凄い環境です ^^;


さて、今日の問題点。
規定楊式(40式)⇒
弓歩で後ろに下がる時、敛臀と立腰のタイミングが遅れがち。で、下がる時にお尻が突き出てしまう。で、敛臀と立腰に気をつけようとするとそこに一動作加わってしまうので自然さが無くなる。
各動作の繋ぎ目で、放松すると同時に膨満感が出てこなければいけないのに、力が抜けて萎えてしまう=経過動作においても無目的であってはならない。

総合(42式)剣⇒
全ての動作において、より遠くへ、より大きくという意識を持つ。定式動作では、上下・左右・前後・斜めと全ての方向に力が張り合っていなければならない。

※全体的には、経過動作での“提頂=頸を上に吊り上げる”に気をつけて動く。

以上を自分自身の身体が自然に行なえるようになるまで、回数をこなして身につける。
帰国後の課題でもあります。( - - )!
by takeichi-3 | 2007-02-07 22:47 | 北京体育大学 | Comments(2)
Commented by tsuki at 2007-02-08 10:52 x
この柔軟のポーズには感動です!一度、この目で見てみたいものです。
酢飲んだら、少しは柔らかくなるんでしょうか?毎日の積み重ね、が
基本なんでしょうねぇ~。
Commented by takeichi-3 at 2007-02-09 00:43
tsukiサマ。。。感動というより恐怖です。まだ一年生でこれ。
日を追う毎に、老師の要求は高くなるのでしょうね。
期待される生徒ほど、指導は厳しいのもになるでしょうから ^^;

彼らがお酢を飲んでいるとしたら、きっと、黒酢ですね ^^v