北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 01月 14日 ( 1 )

身型を身法とする。。。

f0007580_23533050.gif今日は、、、
起勢、野馬分鬣、白鶴亮翅、搂膝拗歩、倒巻肘、雲手等の基本動作を利用して、立身中正が身法となる⇒型ではなく劲が生じる~の体感&実践。。。
※立身中正~動作が変化する毎に繰り返し形成~動作を誘導。
を、身体に刻んで帰ってもらえたようです。。。(^^)v


★肩井沈。。。
肩は気の門。上がると気昇、下沈すると気降。
両肩を松開することで、上肢の気は自ら沈む。
松肩のポイントとなるのは肩井を沈ませる。
上肢三大関節である肘、腕を含め上肢の放松は、肩関節の放松に起因する。
太極拳運動中、この規律(放松)を守らずに手腕を動かしたりしてはならない⇒「全靠腰身来引動」が実現しなくなる⇒「太極不動手、動手非太極」
「肩為根節、肘為中節、腕為梢節、根節動、梢節随」
意識の引導により腰転劲を~肩から腕・手指へと節節貫穿させる。

★脊柱抜。。。
太極拳運動中、脊椎は絶えず上下伸展(拉抜長)しながら、百会と会陰を繋げた中軸線軸を維持している。この中軸線が維持されることで動作がスムーズになる⇒中軸線に始まり、中軸線で終わる。
中軸線=脊柱~太極拳は「以腰脊為主動」⇒「脊柱行拳」
全身放松のポイントは、上肢の根節となる肩と下肢の根節となる胯の放松。
肩胯の放松により、脊柱には~上下放伸、左右転動、前后張弛の変化が生まれる⇒この変化により、人体脊柱のS型曲線は伸ばされて直となる⇒臀部が突き出たりしない。
脊柱の左右転動は、太極拳の円弧動作の源。
脊柱の上下拉伸、左右転動、前后折畳⇒上下、左右、前后の六方向の拉抜長劲を生産している。

★尾閭收。。。
尾閭=尾骶骨の先端。脊椎骨と連帯している⇒転動により気の昇降を促す。
陽脈の海でもある督脉の長強穴の位置は尾閭。
「形体上尾閭如蛇、如推進器、定向標、身体欲向何方,尾閭即从后面対向何方、尾閭中正則立身中正」

郝少如(武式)によると、、、
「尾閭正中須両股(大腿股骨)有力、臀部前收、脊骨根向前托起丹田、所謂尾閭」
⇒「裹裆」「収臀」「護臀」「収腹」となる為の規範。


★命門撑。。。
収臀(提肛~尾閭先端が前托=尾閭中正することで完成)、松腰、命門撑は同時に形成される⇒「缺一不可、没有命門后撑、松腰就不能松到位」
※腰弓形成の重要素。。。

「命門后撑是行拳走架中松腰塌胯的一个重要環節。百会頂与腰胯松是上下拉伸、尾閭前托与命門后撑是前后拉伸、二者一前一后、才能使小腹部位这个一身的重心所在始终保持穏定状態、也才能使脊柱竪直的力在躯干部位伝導無阻、使身体自身之力与大地的反作用力毫無損失的伝導出来、形成足够反弹力、全部施加給対方」
by takeichi-3 | 2018-01-14 23:58 | 太極拳理論 | Comments(0)