北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 03月 19日 ( 1 )

地壇公園で太極拳(足裏内功)。。。

朝、地壇公園に向かう途中~遠くから流れてくる24式太極拳の音楽に吸い寄せられて~
見つけ出したオバサンたちと一緒に、42式と48式で軽くウォーミングアップ。

f0007580_23152043.jpg「何処に住んでるの?」
「あそこのホテルに泊まってます」
「納得~訛りがあるから外地人だと直ぐに分かったわ。イイ動きをしている~北京に来た時には、又、顔を出してね~♪」
「はい~(^0^)/(中国人化、進んでます)」


それから~老師がいてもいなくても、取り敢えずの地壇公園。
いつもの場所、遠目に、良い動きをしている初老の男性が見え~やはり、金老師。
「昨日も来たけど、老師は来なかったんですか?」
「退職者だから、時間があるだろうからと駆り出されることが多くて~指導していた」
そうです。

で、昨日の気功グループが行っている功法を尋ねたら。。。
督脈のツボを一つ一つ開く養生気功⇒尾閭(提肛=長穴)先端を巻き上げるようにして、長穴を起点として、下方から上方の督脈上のツボ一つ一つに刺激を与える作業~大椎から上に向かうバージョンもあるそうで⇒意の先導による身体操作、太極拳にも役立ちそうな功法です。

で、で、今日の内功訓練。
「手不動用脚」「手与脚合」「手听脚的」の体感と実践⇒精度の高い身法となるように身型を整えて貰い~足裏の力で手を活用させる作業。

去年からの課題、含胸抜背(身法の中で最も難しいと言われいる)が今一つ~站桩(タントウ)姿勢で調整してもらうと、何時間でも立っていられるような心地よさが出現~その状態で、肩・肱・手・指と下松沈しながら足裏を捜すようにすると~足裏から湧いてきた劲力によって、私の両手首を抑え込んでいた金老師の身体を、力むことなく(心地よいまま)持ち上げられる~\(0人0)/

その他、足裏の劲力を使って~下に墜とす、ズラす、推す、引くも実践。

「老師~やらなければならない事は、頭で理解&力の質も体に記憶できたので、後は、日本に帰ってから研究を積み重ねます」
と、公園を後に~ホテルに戻って~昼食~北京空港~チャーチル映画を見ながら~帰国しました。

f0007580_2358312.jpg

by takeichi-3 | 2018-03-19 23:58 | 太極拳理論 | Comments(0)