2018年 08月 03日 ( 1 )

形意拳老師。。。追記&雑記

f0007580_21413413.jpg

形意拳練習の闖入者。
お爺さんに連れられて公園にやってきた子。ずっと休むことなく、誰かしらの後ろを歩いてました。

動きがまだまだなくせに、先輩の動作に対して、「歩幅、もっと大きくしないとダメだよ」
と生意気発言。首を傾げていたら、お爺さんが、「私が教えている」と、、、

老師が帰った後、休んでいた私のところにやってきたお爺さん~
「さっきも言ったけど、前足の膝が伸びる癖があるから直さないと。実践では相手に崩されやすくなる。形意拳は、胸前で腕を搾って気を溜めこんで攻撃していき、後ろ足の落しを使って相手を打ち崩さなければならないんだ」と、動いて見せてくれましたが~あ。あ。攻撃的~(((/-_-)/

私が形意拳老師を好きな理由は、その動き。相手を打ちのめすことはなく、相手をいなしている動きだから。ちょっと腕を押しただけでも、相手の内臓まで振動させてしまう威力の持ち主なのに~五行拳を練習している動きは、相手の動きを見極めて防御で腕を出すと同時に、攻撃してきた相手の腕に貼りついてバランスを崩させるだけ。

そして、十要として著されている武術熟語等の体現を目にできる幸せも。

「一動無動=一つが動き出す時、動き出さないところは無い」
単に手と足が一致しているだけではなく、呼吸、意識に始まり、関節など身体の各部分を細かく使い分けているのに、最後はピタッと全身が停まります。

「気貼脊背」
背骨が後ろに貼りだすと、後ろの劲力を使える(発気など)ようになるという意味合いだけだと解釈していましたが、老師の背中を見ていると、精神を背中に貼りつけたままで意識&気をコントロールしています。

今回の北京。練習最終日に自分の欠点を思い知らされましたが、目標はハッキリ、クッキリ!


≪雑記≫

★いつもお世話になっている新聞売りのオバさん。いつもの「北京青年報」を求めて近づいたら、

f0007580_21344810.jpg

「おはよう、いつものね~。アラ?無いわ」と、隣のご主人と思しき男性が、「さっき、最後の一部を売ちゃった」「もう!この人が毎日買いに来るの知ってるでしょ。しょうがない、向こうの店から取ってくるわ」「いえ。いえ。そんな~大丈夫ですから」「2分で帰ってくるからね」と、駆け足で~そんなに気を遣ってくれていたなんて、気づきませんでした。(T_T)...


★懐かしい、フラフープ。明らかにダイエットと~という感じでしたが、、、

f0007580_2235528.jpg

今日、形意拳の練習中に見知らぬオジさんが、「この運動をすると、どんな効果があるんだ?」と、
「始めたばかりなので、よく分りません」「どこが良くなった?」「元々、元気なので」「あ~そうか、ダイエットの為だ!」「この身体をよく見て。そんなわけないでしょ」「そうか、そうか、ダイエットか~」と、オジさん、勝手に決めつけて去って行きました。
ちょっと待て!外国人の中国語を面倒くさがらず最後まで聞け!~(#-"-#)-c<((((/^_^)/


★オジさんといえば、北京では有名な語学学校「地球村」

f0007580_802251.jpg

武術練習の都合で、午後のクラスを夕方5時から始まるクラスに切り替えた初日。
同じレベルとはいえ、前のクラスの開始は4月3日。現在は8課まで進んでいるのに、新しいクラス~開始は3月17日なのに、基本一日一課のはずなのに、まだ9課???

ま、合わなければ、換班は可能なので~参加して原因に納得。 生徒は~韓国のオジさん、オーストラリアの少しオジさん、インドネシアのマイペースな女の子、殆ど話さない韓国の女の子、日本の学生カップル。特にオジさんたちが自由奔放。授業中に疑問が閃くと(内容に関係があろうと無かろうと)討論が始まるのです。

昨日の疑問~「位」⇒客数の丁寧語に対して、オーストラリア人が「これは、犬や猫には使わないのか?例えば、レストランに犬を連れて行った時とか」と老師に質問~「犬はレストランに入れません」「イギリスとかじゃ、犬を大事にしているし」「ありえません!」「いや、例えばさぁ~」「ここは中国。絶っ対に無い!」 決して負けてはいない老師~で、決まり技は韓国オジさんの「そうだよね。それに、犬は食べ物だし~」

老師によると「初めは、韓国人のオジさん一人が奇怪だった。その後、オーストラリア人がやって来て、もっと奇怪になった」とか。本当に面白い~ので、暫くお世話になることにしました。


★で、インドネシア人。

f0007580_11581622.jpg

30度超の気温。爽やかインド綿を着用してみました。
そんな今日、地球村の教科書には、“牛骨頭=牛の骨”という単語が~日本人、韓国人は漢字を見ただけで比較的直ぐに分かるのですが、インドネシアのジェニーとアミルが理解するには時間が必要。鶏骨頭、人骨頭、狗骨頭と続けていた老師の言葉に、突然閃いたジェニー~「wushi穿着衣服的図案是魚骨頭=wushiが着ている服の模様は、魚の骨!」
おい、おい、違うだろ~これ、日本では花柄というのだ ( -"- )!


★スミマセン~実は、今日放映の「中国新歌声」の最新情報が次々とYouTubeにUPされていて~雑談でお茶を濁してしまいました。。。(((((/-_-)/
この番組出身の出世頭(?)は「張磊」


by takeichi-3 | 2018-08-03 23:59 | 偉人たち | Comments(0)

太極拳用品販売の傍ら~拳理を解明しています⇒カレンダー下の「三清」をクリック~お立ち寄り下さい。m( _ _ )m


by takeichi-3
プロフィールを見る
通知を受け取る