太極拳の基礎。。。

f0007580_23525668.gif

ブログ初期の頃、中国語のレベルアップも兼て多くの中国語書籍等を訳していました。

≪李徳印老師の書籍≫
套路技術を高めるための手段である基本功⇒套路には基本功の鍛錬の結果が表れる。基本練習をしないで套路ばかりを増やしていくのは、燃料や整備といったことを考えずに、車を快速で走らせるようなもの。途中で行き詰ってしまい前に進むことができなくなる。何度も正しい動作を求めながらの基本功練習は、その行き着く先がはっきりとは見えない練習でもあるけれど、練習を積み重ねることによって、自分自身の中に上昇していく螺旋のような意識の変化が生まれてくる。

どの本を読んでみても、どんな感覚が生じてくるかは書かれていません。各々が練習を通して自分自身の感覚を研ぎ澄ましていくというこそが重要だからなのでしょう。良い老師に出会ったなら、素直にその老師の言葉に従った練習を続ける。そうすれば、きっと、本に書かれている言葉に血が通い始め体得できるようになります。


《国慶節休暇利用して参加した太極拳学習時、老師による太極拳運動説明に喚起され》
※この頃に、“気=体内に取り込まれた酸素”という概念があれば、理解しやすかったかも~

「神(心)動意生、意動気随、心与意合、気合力合⇒内三合」という言葉を聞き、隣にいた先輩と「神~説明が難しいですよね~」と、眉間に皺を寄せ合っていましたが~「上下相随」⇒これは、外側(肉体=上半身)への要求(=初心者向け)だから分かり易い。

神(心)・意・気~何か、分かり易い説明は?と、探した文章。
東の国の王様が、美しい妃を喜ばせようと~美容に効果のあるライチを贈ろうと思いたちました。そこで、大臣に相談。「王様、ライチとは如何なる物なのですか?」「あの楊貴妃が愛した物らしいが~」大臣や学者が集まって調べた結果、西方の国にあるということが分かりました。そこで、王様は将軍に地図を渡して、ライチを持ち帰るよう伝えます。将軍は、兵隊たちを駆り立てて西へと向かいました。

この順列が、神(心)、意、気、身体になります。神(心)=王様⇒中医では、神=精気=生命活動の源と認識されています。何をしたいか~崇高な発心でなけらばならないという意味で≪神≫を当てはめたのかもしれません。意=大臣(参謀)。神(心)の意図を丹田に落として~どのような行程で気(劲)を運用到達させたらよいのかを指示する。気=(将軍)は、参謀(丹田)の指示に従って身体を駆け巡り、兵隊(身体)を駆使する。

動作において、この順番は崩れません⇒「頭(神=思)~丹田(意⇒気の運用)~肩・肱・手を必ず経過」⇒「(×)頭から直接手は間違い」。

私たちがテーブルの上のリンゴを取ろうとする時、「思考と手を出す」が、一見して同時に行われていると思いがちですが、それは、長年に亘る訓練の結果で習慣化(無意識)しているから⇒肩、肱、を経過せずして手だけが動いている訳ではありません。

太極拳練習の要求である、ゆっくり~は、神⇒意⇒気⇒身体を実現するための訓練方法。レベルが上がるにしたがって、より早く正確に動かすことが出来るようになります⇒訓練指導を受けた兵士でなければ使い物にならない。

身体を動かさない≪静功=タントウ≫が重要なのは、内側の≪動功=気の運用≫に集中する目的があるから。内側の動功が習熟(自然)するにしたがって、内側は≪静≫となり~身体はより活発に≪動≫となれるのです。
# by takeichi-3 | 2019-02-23 23:59 | 放松 | Comments(0)

オフィスで太極健身操とか。。。

f0007580_23524596.gif

気功の筋骨ストレッチ効果を考慮して編纂されている北京体育大学編纂の健身操。
第一節⇒舒筋活血、第二節⇒益気養肺、第三節⇒強腰固腎。
効果⇒首、肩、腰を改善治療、呼吸機能改善~肺活量が増える。



通過一段時間的鍛錬、可増強呼吸機能、拡大肺活量、改善身体循環。促進新陳代謝、達到調心養肺的功効。堅持長期練習、可以増強腰部筋肉、保護腰椎、改善腰骶神経的効能。達到強腰固腎。祛病健身的功効。

示演している創作者「柴雲龍」の柔軟性や筋肉の質がタダ者ではない(笑)と気になって調べたら~世界武術大会や全中国大会での優勝経験者。北京体育大学の導引養生本部に張広徳老師を訪ねた時、「あの人、太極拳チャンピオンよ~」と傍にいた別の老師が教えてくれた人でした。


★ついでに、最新有酸素健身操も。それなりに関節ストレッチにはなっていますが~(((^^;



# by takeichi-3 | 2019-02-22 23:53 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

于海。。。螳螂拳大師

f0007580_22221038.gif

螳螂拳の于海(yu hai)老師。今までに度々紹介しています。
1942年生まれ。キリスト教徒だった両親が名づけた本来の名前は「于天堂」。文革時、四旧として宗教が否定されたことから、その名を「魚(yu)は水が無ければ生きられないから」という理由から于海に変えた。

★2011年に初めて紹介した時の文章ですが。

于海~その名前は聞いたことがなくても、映画少林寺を見た人の記憶には残っているはず。小虎(ジェット・リー)の師匠、曇宗和尚を演じているのが于海。彼らが少林寺に出演するようになったきっかけは~1973年、世界に門戸を開き始めた中国政府が武術も世界に広げていこうと計画。1974年、コーチ兼表演者としてアメリカに派遣された時に香港銀行の副社長の注意を惹いたのが、数年後の映画少林寺に起用されるきっかけとなった。




テレビドラマ「太極宗師=楊露禅モデル(監督/袁和平、主演/呉京)」で、主人公の師匠陳正英を演じた時、カナダ出身の元キックボクシング世界チャンピオン周比利と戦かったシーン。




1943年、山東省煙台生まれ。1954年に山東七星螳螂拳大師林景山の下で螳螂拳を学び始め。1958年より山東武術隊に所属して多くの武術大会に参加。優秀な成績を得~武術隊隊長&コーチに。1958年-~1966:山東省武術隊に所属、中国各地の大会で剣術、棍術、蟷螂拳で優勝。1966年からは、山東省武術隊長兼教練となる。以降、武术教育の第一線で活躍している。

武術を教える傍ら古くから民間に伝えられている伝統武術の発掘や整理をして流失しないようにつとめている。不断な研究によるその知識に敬意を払って“武学辞典”と呼ばれることも。螳螂拳、八卦掌、通背拳、形意拳などの研究に秀でている。専業としているのは螳螂拳。12歳の時に学び始めてから、生涯をかけて普及を目指している⇒「蟷螂拳大师」という名称も。

1980年代于海が山東省武術隊長だった頃、学生たちの訓練は主に屋外で行われていた。山に駈け登るのも日課だった。ある時、山には沢山の蟷螂がいることに気付いた于海は休憩の時間を利用して蟷螂を捕まえ始めた。不思議そうに見ていた学生たちに理由を説明すると~学生たちも捕まえだしたので、あっという間に数十匹の蟷螂が集まった。毎日、それを連れ帰っては部屋の中に宿舎に放ったので、机、蚊帳、電気スタンド等々~部屋中が蟷螂だらけになった。床の上には蟷螂の死体が散乱していた。手にした草で蟷螂を脅しては、その防御や攻撃に際しての脚、頭、身体の使い方など、その一挙手一投足を観察しては何度も再現した。結果、彼独自の“螳螂拳”を編み出してその発展につとめ“螳螂拳大師”と呼ばれるようになった。


蟷螂拳の特徴は、「勇猛快速出精神」~ひとたび手を出すと三連打⇒相手の顔を攻撃~相手の反撃を防ぎ~攻撃。例えれば100mレースのように全力疾走するような速さ⇒若い頃に参加した武術大会では80の規定動作を盛り込んで表演。他の人が1分20秒から1分半かかる動作を1分でこなして周囲を驚かせた。



蟷螂拳の始祖は明末清初の王郎(山東即墨出身)と言われている。幼い頃から武術が好きで、少林寺で武術を学んでいた時に、蟷螂が蝉を捕える全過程を目撃して啓発され~少林武術を基礎に、蟷螂の手腕の使い方に猿の歩法を加えた拳を創造~少林寺に伝え、後に故郷の山東にも伝えた。

そういえば~二十年ほど前、全国大会に螳螂拳で参加したことがあります。一度で懲りました。。。ρ(. . )

# by takeichi-3 | 2019-02-21 23:56 | 太極拳秘境 | Comments(0)

新旧中国武術。。。

f0007580_20284147.jpg

お昼近く、春日和~みたいな天気になった今日の空はきれいで。駅のホームで電車を待ちながら、“そういえば、この見慣れた中野サンプラザも数年後には解体されてしまうんだなぁ”と思ったら、ついつい写真を撮りたくなってしまいました。


昨日は元宵節だった中華圏。あちこちで賑やかな催しがあったようです。
テレビでは、莱州武校の武術表演。




★新しい武術(最新パフォーマンス)のあとは、古い武術でも★

映画少林寺で師匠を演じた“于海”は螳螂拳の高手。実際に蟷螂を採取してきては、その動きを研究していたそうです。しっかりと、腰が活用されている動きです。




刀術に秀でていたという“徐其成”。初期の国家武術隊隊長を務めています。




内家三拳。。。太極拳、形意拳、八卦掌。




北京で学んだ王世祥老師の形意拳&八卦掌は、この流派(駱興武系)。それ以前には通臂拳を学んでいたそうです。


# by takeichi-3 | 2019-02-20 23:51 | 偉人たち | Comments(0)

東洋&西洋~MIX鍛錬。。。

f0007580_23533050.gif


フィットネスでは、自重トレーニング系とストレッチ系を主体としたプログラムをメインに参加しています(武術に必要なストレッチや筋トレは別にこなしていますが)⇒フィットネス、流石に全体バランスが考慮されていて効率良く身体を整えられる(動かしやすくなる)~が実感できるからか、私と同じように自身が主としているスポーツのレベルアップ補助の為に来ている人も少なからずいて~話が弾みます113.png

その中、卓球をやっている人から質問を受けて。
「スクワットが、うまく沈めなくて~」
「ドローイン(中丹田内含&下丹田内含+提肛)を利用した横隔膜呼吸と連動させてみたら?」

「コーチから、手腕に力が入っているからスピードがでないと言われる~」
「肩を墜として~肘全体ではなくて、肘の内側(体側部)だけを意識して使ってみたら?」

「腰が回せて(使えて)いないって~」
「ドローイン時に逆腹式呼吸でお臍を背中に押し付けるようにして(気貼脊背)~その押し付けられた部分の脊椎を意識して回すようにしたら?」

という感じで、太極拳身法を応用した身体の使い方をアドバイスしていたら、都度、コーチに確認していたらしく、「コーチが、太極拳を習おうかなぁ~と言い出している」と、嬉しい言葉を聞くことが出来ました。

太極拳規律、効率よく身体を使えるよう(放松も導く)に考えられたアライメント手引きではありますが、身体を正しいポジションに保つためには体幹(腹筋)鍛錬が大切という発想が中国でも広がり始めているのか、去年参加した中華武術講習の崔仲三老師班では、中国人参加者の多くが練習前に、従来の腹筋とは異なり、身体全体のバランスを整えながら体幹を鍛える効果があるというプランクを行っているのを目にして~準備運動を担当した時に、参加者たちが学んでいない型を幾つか指導して喜んでもらえました。時代の変化とともに訓練方法も演化しています。


★The Three-Minute Perfect Plank~お試し下さい。




# by takeichi-3 | 2019-02-19 23:51 | 太極拳理論 | Comments(0)

太極拳用品販売の傍ら~拳理を解明しています⇒カレンダー下の「三清」をクリック~お立ち寄り下さい。m( _ _ )m


by takeichi-3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る