北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:気功:五禽戯・八段錦他( 202 )

五臓六腑気功。。。

f0007580_031743.gif健身気功の中から、五臓毎に効果のある動作を紹介しています。
※解説は、動画内の解説とは異なる資料によるものです。


★心(夏)。。。
現代医学の心臓と同じように循環器系に関係する臓器と機能のこと。気血の流れは精神状態と密接な関係があるので、精神、意識、思考なども心の動きと捉えている。舌には血管が集中しているので、その不調は舌に現れると考えられている。心と小腸は経絡を通じて表裏の関係にあり、互いに影響し合っています。血液循環系の機能を司る。大脳の働きである精神的な活動を支配する。睡眠、心臓、血管系の機能をコントロールする。




★肺(秋)。。。
呼吸器系の機能だけでなく、皮膚や鼻、喉、気管支などの働きも含んでいる。また、体温調節機能や免疫機能も含む。肺の不調は、空気の通り道である鼻や喉に現れやすいと考えられている。肺と大腸は肺経を通じて表裏関係にあり互いに影響し合っている。呼吸器系機能を司る。皮膚や鼻、喉、気管支、肺臓をコントロール。感染症などを防ぐ免疫機能を持つ。体内水分の調節を図る体液代謝機能を持つ。毛穴の開閉や発汗による体温調節機能を持つ。




★腎(冬)。。。
中医では、生殖器系、ホルモン系、中枢神経系、造血系などの機能を含んだ生命エネルギーの貯蔵庫。成長と発育、排卵や生理などに深い関係がある器官なので、その機能が低下すると慢性病や更年期障害、不妊などがおこりやすくなる。 聴力は腎と関係があり、腎の働きが弱くなると耳鳴りなどの症状が現れる。腎と膀胱は表裏関係にあり、尿量の調節や排泄など膀胱機能に影響を与える。
※空気を深く体内に吸い込む納気作用を持つ腎は寒さに弱いので、体を温める食材を摂るように。




★肝(春)。。。
血(栄養を全身に運び、潤す)を貯蔵する場所。血流量調節。 気(エネルギーの源)の流れを調整、消化した栄養分の運搬や水分代謝を助ける。 肝の不調は胸脇部の張りや痛み、頭痛、月経異常、浮腫み、めまい、ゲップ、便秘、イライラ、不眠などの不調に。肝は目に関連⇒肝の血が不足すると目の乾燥、かすみ、充血などが起こる。




★脾。。。
食物を消化吸収して水穀精微(栄養)に変化させ体全体に行きわたらせます。水分代謝を助ける。血が脈外に出ないようにコントロール、出血を防ぐ。臓器を正しい位置に留める。 脾の働きが悪くなると下痢、食欲不振、疲労、浮腫み、尿の量が少なくなる、倦怠感、めまい、顔色や唇に赤みがない、血便、血尿、皮下出血、不正出血、味覚が鈍るなどの症状が出る。


by takeichi-3 | 2018-07-21 23:59 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

健身気功演化。。。気舞(気功集体表演)

「気舞/集体健身気功」
昨年の第十三回全中国運動会の競技種目としても登場。その予選~各省代表のレベル高いです。



≪気舞出現の意義?≫
健身気功“八段錦”、从宋朝開始就流伝甚広、是一種具有柔靭性的章法結合合理、軽巧細致的健身運動、易学易練、八段錦共有八個功法動作、通過双掌、双腿、双臂等的旋転、拉伸和昇降、達到鍛錬筋肉、霊活関節、疏通経絡、旺盛気血的効果、使人体的身、心、気息三者達到和諧統一、从而達到強身健体、延年益寿的健身目的。健身気功“気舞”突破了原有健身気功功法的局限、从9種健身気功普及功法和4種競技功法中選取動作、其表演突出功法特点、動作套路編排連貫、芸術表現特色鲜明、融合了健身気功功法養生文化等各種元素、動作舒展、精神飽満、体現了健身気功陰陽相済、天人合一的胸懐和気質、弘揚健身気功芸術之美、充分展現了健身気功的独特文化底蘊、描絵出一幅中華伝統文化的絢麗画面。
by takeichi-3 | 2018-07-18 23:52 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

気功的ストレッチ&ウォーミングUP。。。

台湾出身、ボストンで中国武術を普及している「楊俊敏(Yang Jwing-Ming」老師。
中国のWiki的なサイトでは、「武学大師」という肩書で紹介されています。

「太極気功」前半のストレッチ&ウォーミングアップ。真似て動くだけでも身体全体がほぐれます。



≪楊俊敏≫
十五歳の時に曾金灶門下で白鶴拳を学武開始~その後十三年。十六歳の時からは楊式太極拳も~擒拿、推拿、点穴按摩、草薬治療、太極推手、太極散手、太極気功以外、少林長拳等を学んでいる。
1974年、アメリカの大学に留学。滞米期間中、周囲に請われて教武開始。1982年、ボストンに武術協会を設立。現在、世界各地にある支所の数は56。
by takeichi-3 | 2018-07-11 23:58 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

養生系スクワット。。。

f0007580_23491312.gif今回の全国大会、参加した知り合いの多くが絨毯の柔らかさ(厚み)に苦戦していました。床での練習が殆ど~というのが現状。不慣れな足場を克服するには足腰の強化が必須になります。場所もとらず、何時でも何処でも~なスクワットの効果大です。ネット情報溢れているので、各種あるスクワットを組み合わせてお試しください。


★スクワットで鍛えられる部位。
① ハムストリング&大腿四頭筋 :スクワットで最も刺激される筋肉と言えば太ももの筋肉。大腿四頭筋は太もも前部にある筋肉群で4つの筋肉をまとめた総称。ハムストリングは太もも後部にある筋肉。どちらも体内ではトップとなる大きさの筋肉。基礎代謝上昇にも役立ちます。

② 大臀筋:お尻にある筋肉。人間の中心部にある最も大きい筋肉。鍛えることで基礎代謝はもちろん、全身のバランス感覚を格段に成長させます。

③ 脊柱起立筋:腰にある筋肉。背筋の中で最も小さな筋肉ですが、姿勢を維持するのに重要な部位。鍛えれば鍛えるほど綺麗な背筋を手に入れられます。高重量トレーニングでも脊柱起立筋はフル活用するので、鍛えておいて損なし。

④ ヒラメ筋&腓腹筋:ふくらはぎにある筋肉。「ふくらはぎの不調=体の不調」と言われることもある重要な筋肉⇒“第二の心臓”とも称されます。ふくらはぎを鍛えることで冷え性等を改善できるとも言われている健康体を維持するには欠かせない筋肉部位。


★健康太極拳愛好者には、張至順道長による道教系養生スクワット≪長寿功≫など。。。

第二式:昇降日月任督走。
日月⇒陰陽二つの気。陰陽両気は任脈と督脈を巡っています⇒任督二脈の通りを調整&足腰強化。



≪功理≫
任督二脈は奇経八脈に属している。任脈は前、属陰。胸腹正中を走り、上は到额部~六陰経絡全てと交わっている⇒“陰脈の海”~全身諸陰経気を調節。督脈は後ろ、属陽。腰背正中を走り、上は頭面~六陽経絡全てと交わっている⇒“陽脈の海”~全身諸陽経気を調節。任、督二脈は練功で主要な運気路線。“昇降日月任督走”の目的は去病健身⇒静功修練を基礎に、任督二脈の通りを促す⇒“昇降日月”~昇者=日、降者=月。

陽気は、督脉尾閭穴より背腰を上昇、頭頂を経て~上唇人中穴で陰気が任脈に流れ、喉部、胸部,腹部の中線を下り会陰へと⇒これが、任督二脈の循環路線。任督二脈の通りが良くなる⇒陰陽二気スムーズに交融すると、后天五谷の気のバランスを整う⇒百病消除、健康長寿。

≪功法≫
起势:左脚向左平開一歩、左右手覆于臍之上下。
双手翻転一圏、転立掌、左掌在前、右掌在内、左掌提至額前、右掌附于左手腕処、手指向上、稍停。
意想泥宮(指両眉間印堂穴部位)有一“火球”。

1)向内旋転開始下降、同時屈膝略成馬歩。両手降到胸部、稍停。随手降落時、舌頂上顎、意想“火球”由面経過、沿任脈下降。双手継続内旋転下降至小腹部、両腿屈膝成正馬歩、同時意想“火球”沿任脈下降至会陰。

2)向外旋転上昇、意想会陰部之“火球”从尾閭沿督脈上昇。双掌継続外旋上昇:同時、漸漸直膝、意想“火球”沿督脈継続上昇。双掌継続外旋上昇至額前、手指向上、右手附于左腕処:同時意想“火球”沿督継続上昇、経玉枕、百会、至泥丸宫~双手下降。

3)反復して行う~数えなければという精神緊張が臓器に影響を与えるので回数には拘らない。

收式:最後、両掌を臍部に落す時、“火球”も降至臍内、両手変横掌、掌心向内、上下旋転一周、左掌覆于臍上、右掌覆于臍下、稍停、收回左脚。


≪督脈と任脈の通りが良くなる=健康≫
督脈は陽経の海と言われ、諸陽経を統括する作用がある。
その通りが良くなることにより、生体の陽気を鼓舞させる⇒頭項部の鎮静、上背部の呼吸・循環器系調節、中背部の消化器系、泌尿器系及び腰椎の疾患、腰仙骨部の生殖器系や婦人科疾患に作用する。督脈の流れに異常が生じると、背中の強張、痛み、頭痛、腰痛内臓疾患、精神不安定等が現れる。

任脈は陰経の海と言われ、諸陰経を統括する作用がある。
通りがよくなることにより、泌尿・生殖器系の諸症状、消化器系の諸症状、胸部の心肺疾患や頚部の咽喉疾患、顔面下部の知覚・運動障害等に作用する。任脈に異常が生じると、泌尿生殖器系疾患、腹部のこり、内臓疾患、精神不安、虚弱、精力減退等が現れる。


★張至順(1912—2015)
海南省道教協会名誉会長、西安万寿八仙宮名誉方丈、海南省玉蟾宫住持。
清末民初の戦乱期に貧しい家庭に生まれ、七歳の時に家を出て、物乞いをしながら放浪。十二歳の時より学芸(武)、十七歳の時、陕西省華山で劉明蒼道長に出会い出家。道観ではハードな雑役をこなしながら修行、中国道教全真龍門正宗第二十一代伝人となった。2015年7月28日、104歳で羽化。
by takeichi-3 | 2018-07-08 23:53 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

湿邪(毒)対策。。。

f0007580_23325954.gif
湿度が高くなってきて、私も含め周囲に体調不良を訴える人が増えています。
身体の除湿邪(毒)対策~始めましょ!

湿邪は外から入ってくる「外湿」と体内から生じる「内湿」に分かれ、いずれも身体にさまざまな不調を引き起こす原因。その特徴は、重くて粘り気があり停滞しやすいこと。身体のだるさや鈍い痛み、水分の停滞によるむくみ、胃の不調といった症状が出現。

体内の余分な水分を排出するには、、、
運動で汗をかく、利尿作用のある飲料(はと麦茶等)や食物(胡瓜、西瓜、トマト、豆類、トウモロコシ、牛蒡、生姜、柚子、紫蘇、葱、唐辛子、ニンニク)を摂取。

★梅雨季や夏季の湿邪~ツボを叩いて改善⇒左右を各1分程度。
・極泉穴(心経~血液の流れをよくして心臓の負担を和らげる⇒高血圧の予防にも)⇒腋窩の中央。
・尺沢穴(肺経~呼吸器全般)⇒肘内側の真ん中。
・内関穴(心包経)⇒手首の皴から指三本下。
・委中穴(膀胱経~水分調整/老廃物排出)⇒膝裏の真ん中。
・陰陵泉穴(脾経~消化吸収を助ける)⇒膝内側の骨の下の窪み。
・足三里穴(胃経)⇒膝の外側お皿の下。
・承山穴(膀胱経)⇒脹脛の真ん中。

f0007580_23534345.jpg

f0007580_23551533.jpg

f0007580_2359974.jpg



★除湿邪効果がある、豚肉、ハトムギ、冬瓜のスープ。。。


by takeichi-3 | 2018-06-24 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

張広徳スタイル「八段錦」。。。

張広徳老師より直接学んだ「八段錦」は、高齢者向け~動作簡単、効果大にアレンジされたもの。

f0007580_23351062.gif
一般的には第四勢になっている「五労七傷往后瞧」を第一勢に~老師曰く、
「始于头颈,止于足下=頭より始めて、足で終わる⇒陽の経絡を開く」という基本を鑑みて、あえて順番を変えたそうです。



基本型は、足は肩幅(坐って行ってもよい)開いて立つ。
頭部:呼吸に合わせて大椎部分で首を左に大きく回し(吸)、正面に戻す(吐)⇒左右同数行う
腕部:肘は身体に付け、呼吸に合わせて掌主体の回転(列缺=手太陽経を意識して捻る)

効果:
六陽経絡が通過する大椎をマッサージする効果がある。
「宣肺正常」、「益気通陽」、「止咳化痰」、「宁神豁痰」
六陽経路⇒肝臓、心臓、脾臓、腎臓、肺臓を養う効果が得られる。

五労
①肝臓は筋肉を主宰。
②心臓は血液を主宰。
③脾臓は皮膚を主宰。
④肺臓は気を主宰。
⑤腎臓は骨を主宰。
※筋肉、血液、皮膚、気、骨が疲弊状態になると病気になる。

七傷
①食べ過ぎ(肉の取り過ぎ)は脾を傷める。
②怒りは肝を傷める。
③長い間湿気の多い所に座っていたり、重い物を持ち上げると腎を傷める。
④冷たい風や、冷たい飲み物は肺を傷める。
⑤憂鬱な気持ちは脾を傷める。
⑥風雨や寒暑は身体を傷める。
⑦恐怖心や悲しみは心を傷める。

大椎を刺激⇒大脳への通りが良くなる⇒頭スッキリ&記憶力を良くする。
呼吸に合わせる⇒肺主気司呼吸朝百脈=身体の隅々まで気を送ることができる。

で、この日に出された宿題。
中医、これさえ覚えておけば~と言われている内臓器官とその養生効果を促す経穴を対比させたものですが。

胆原丘虚太冲
三焦阳池心包大陵
胃原冲洋太白
大肠合谷肺是太渊
膀胱京骨太溪
小肠腕骨神门

※太字部分がツボです。。。

「頭から始めて、足で終わる」という理論を実践。
「五労七傷往后瞧⇒自発マッサージ。大椎(陽脈の通過点=精神安定&内臓養生)を中心に頭を左右に捻る」を第一式として~完結は第八勢「背后七颠万病消」⇒踵の上げ、下ろす時の振動で背部(脊椎、督脈、膀胱経、風府)をマッサージ。同時に足指のツボを刺激。

呼吸と動作の一致を大切に、ツボ・経絡を関連づけながら行うことを重要視しているので、
「左右開弓似射雕」⇒「下半身は股関節を緩める程度」
「揺頭摆尾去心火」⇒「尾閭を中心に、立身中正で上体は左右に無理をしない程度に傾ける」
「両手攀足固腎腰」⇒「主目的は前屈による背中ストレッチ=脊椎骨を個々に伸ばす=マッサージ」
by takeichi-3 | 2018-06-03 23:57 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

北京で気功&按摩。。。

★2007年、気功班でも三カ月×二回学んでいます。。。

f0007580_2310452.jpg朝、宿舎の門を出た途端、一昨年(2007年)の気功班留学時に一緒だったイギリス人のジムさんに遭遇。「留学生気功班復活?」と尋ねたら、張広徳老師の授業に参加しているグループの人達と一緒に学習するとか~

それって、私でも参加可能なのかしら、問い合わせを頼んで待つこと暫し~OK!が出ました。ので、喜んで参加させていただきました。

授業は、昨日と今日それぞれに4つの動作(合計8つ)を丁寧に、動作の規格や意味を丁寧な説明を受けながら進んでいくという内容の濃いもの。そして、今までに???だった事柄が判明。

★動作の始まりでは、男女ともに下丹田前で左を下に劳宮を合わせて両掌を重ねるのですが、終わる時には、男性は左掌が下、女性は右掌が下~と男女で異なる理由。

〇左手⇒陽、生気、男性 : 右手⇒陰、生血、女性
〇血は気の母:気は血を運行する
〇気が通れば血も通る:気が滞れば血も滞る
〇気功の開始に際して、気によって血を運行させる必要があるので左手が下になる。
〇気功の終りに際して、男性は補気の為に左手が下。女性は補血の為に右手が下。
〇気功の学び方の段階 : 「知法⇒明理⇒入道」となるそうです。

初めての張広徳老師。分かり易く、評判以上の授業でした。

※以降、顔見知りになったこともあり、張老師の個人レッスンを受けることになります。(^^)v


★ジムさん。。。

f0007580_2263711.jpg気功の教室に行ったら、同学たちが一生懸命に経絡図を見ていました手前にいる一際背高(186cm)の男性は、イギリスから来ているジムさん。20年程前にスキーで左足を骨折、歩けなくなっていた時に導引養生気功と出会い、現在では、生活には差し障りがないまでに回復。

今年76歳とはいえ、長く気功を続けているというのは一目瞭然。無理のないノビヤカなその動きは、見ていて、とても心地良く好感が持てます。

f0007580_22271124.jpg
黒板に書かれていたハングル文字を見ていたイギリス人のジムさんが突然、「これは文字?何処の国の?」と言うので、「KOREA」と答えたら、いきなり、悪戯書き。

彼の目には、こんな風に映ったらしい。それを見た私と同学も早速参加。76歳とはいえ、子供みたいな心を持っています。

f0007580_22192978.jpg
気功班で指導を受けた老師たち。
ジムさん、アメリカンスクールの校長だという女性に私~多分、四段試験合格の記念撮影だったような。

本当にお世話になりました。。。(#^_^#)



★空いている時間には、按摩班の研究生からマッサージを学びました。。。

f0007580_2355672.jpg
休日の今日、午前9時から二時間の按摩レッスン。

生徒は4人。
先週の日曜に開始してから、既に「一指禅」、「滚法」、「揉法」、「推法」、「摩法」、「搓法」、「抹法」、「擦法」を老師の指導の下、互いに実践しながら正しいマッサージの方法を学んでいます。

「どうして、筋肉に集中しながらマッサージするのですか?」
筋肉が緊張(硬い)していると筋肉内を通る血管が圧迫されるので血液やリンパ等の流れが悪くなる⇒酸素や栄養分が滞るので乳酸が溜まりやすくなる⇒末梢神経が傷つき易くなり肩凝りや腰痛の原因となる。

按摩の目的は体液の通りを良くすること。
だから、マッサージをする時、推法⇒揉法⇒按法⇒点法という流れで、筋肉の緊張を解除してから施術(点法)するという手順で行わなければ効果が出せない。

あ。。。太極拳の練習で養生効果を得ようと思ったら、放松は必須条件なんだ。
主だった手法と手順を取得した按摩。ようやく、陰陽、五行の講義に入り始めています。大宇宙と人体という小宇宙が同じ法則で存在しているという発想の中医の世界。武術を練習しながら身体の調子も整えられるという道理を別の角度から検証できそうです。
by takeichi-3 | 2018-05-31 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

練太極拳暢通気血。。。気血の通りをよくする

f0007580_23501289.gif練太極拳によって、気血の通りが良くなる⇒健康効果。
脊椎運動による効果、色々。。。

拳経里曾説過:“命意源頭在腰隙”、这个意思是説要将意念集中在脊柱上、現在仔细想想確実如此、人上体的重量,手、臂、肩所承載的工作、就靠脊柱来実現運転、脊柱就像布偶劇的根、没有跟布偶就無法行動。通過脊柱的転動带動手転動。脊柱一動、五臓六腑也会随之而動。所以在日常生活中、可対抜、伸拉几下脊椎骨、左右旋転几下脊椎骨。人们常説“伸筋抜骨”那就先把人体最主要的脊柱伸伸抜抜、如此可調気血、緩解疲労、対健康会有很好的效果。

众所皆知、把太極拳打起来緩慢松柔、这様不僅能疏通筋脈还能暢通気血。使人獲得健康和長寿。但没人知道这其実是行拳適合、脊椎带来的強大功能之一。脊柱包括頸椎、胸椎、和腰椎。

太極拳是一項全身運動、虽然緩慢但能活動到全身各个部位、配合上呼吸的調節、能让全身進行一个全面的有氧運動。太極拳是在腰脊帯動下的全身運動。

按照中医理論、暢通経絡、血管、淋巴及循環系統~因練太極拳的時間不会太短、故能像一般的带氧運動一様、能使血気運行順暢。練了若干時間、会察覚有指尖麻軟発痺、関節微响、針刺、腹鳴等感覚。根据中国医学理論認為这是経絡暢通的反応。这些臓腑是由許許多多的経絡連結在一起的,每条経絡都有若干个穴位,这些穴位相当于気血的能量倉、調節它不僅能防病治病、而且可以改変人的生命質量。

根据中医理論、運動就像是対穴位進行按摩。能疏通臓腑的気血、来達到内病外治的目的、效果很好。因为通過運動、脊柱活動起来。能為各个部位進行供血、防止因為気血堵塞所造成的杜塞而引発的疾病。臨床中診治頸椎、胸椎、腰椎疾病中、有一半的病人伴有植物神経錯乱和相応的内臓疾病、当脊椎病治好后、这些相応的臓器疾病也就全癒了。

太極拳主要是一種以腰脊為主的運動方式。它要求以腰為主導、腰椎一動全身上下都要跟着運動。配合拳勢呼吸及内気鼓蕩、使脊柱有節律伸縮張弛。只要脊柱一動、処在脊柱周囲臓腑的俞穴就得到按摩和鍛錬、尤其是腰脊命門的两边、腰眼的前折后迭更為激烈、使两腎得到非常有益的按摩、从而増強丹田气、疏通臓腑的気血、達到健身治病的目的。只有丹田気膨満、才能陰平陽秘、固命之本。丹田気是生命的根本、是協調陰陽、抗御病邪侵襲的関鍵。
by takeichi-3 | 2018-05-17 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

伸筋抜骨による養生等。。。

f0007580_2330231.gif今日の気功クラス、八段錦の動作を筋膜リリース(気血の通りをよくする)となる位に強度を上げて~肩凝り、目の疲れ解消&五臓経絡もマッサージ⇒その動きを太極拳に取り入れると~みたいな、「養生効果を出す」が主体の練習になりました。


太極拳練習時に要求される~定式から定式へ移る時に言われる「緩んで~」は、規律遵守によって出現する伸筋抜骨の結果です。
①虚領頂頸⇒いかなる時にも失われることがない。
②含胸抜背⇒含胸の完成が抜背(撑力)と気沈丹田を導く。
③気沈丹田⇒心静、圓裆&命門張出しの要素⇒形成時に虚領頂頸が失われると松ではなく萎が出現。
④尾閭中間⇒立身中正を維持する要素⇒尾閭の位置が正しい=歪みが出現しない。
上記が完成⇒緩み(放松・松沈)が出現~これにより、放松の力を利用した踵の蹴り出しが自然に出現するだけでなく、経絡マッサージ効果も得られます。
★知識(方程式=規律)を与えずに答え(形)のみを要求~いつまで経っても正解は得られません。


で、全身の骨をストレッチ出来るという簡単な動作。
全身各部の関節に気血が行き渡るので、関節炎予防&肩筋肉のストレッチにもなる⇒五十肩の予防にもなります⇒背筋&肩甲骨のストレッチ強度をあげると効果も大きくなります。



とても簡単に見える動作ですが、督脈と任脈の通りを良くする効果があります⇒小周天

督脈
督脈の経穴は全て体の正中線上にあります。
督脈は「陽の海」といわれ、全ての陽に属する経絡を統括している。
長強、腰兪、陽関、命門、懸枢、脊中、筋縮、至陽、霊台、神道、身柱、陶道、大椎、アモン、風府、脳戸、強間、後頂、百会、前頂、シンエ、上星、神庭、ソリョウ、水溝、兌端、齦交

奇経に属する体の後正中線を流れる経絡である。
督脈は全身の「陽経」を統率している。6条の「陽経」はすべて脊椎で督脈と交会している。督脈は陽経の血気を調節することを機能しており、“陽脈の海”と称する。頭、面、首、背中、腰、びてい骨部の後部の中央ラインに分布している。主に神経系、呼吸系、消化系、泌尿の生殖系、運動系の病症、および熱性の病症と当経脈が経過している部位の病症を治療する。

任脈
任脈の経穴は全て体の前面正中線上にあります。
任脈は「陰の海」といわれ、全ての陰に属する経絡を統括している
会陰、曲骨、中極、関元、石門、気海、陰交、神闕、水分、ゲカン、建里、チュウカン、ジョウカン、巨闕、鳩尾、中庭、ダンチュウ、玉堂、紫宮、華蓋、センキ、天突、廉泉、承漿

頸、喉、胸腹部の正中線を運行し、足の三本の陰経脈と下腹部で交差し、左右両側の陰経脈を相互に連係させて全身の陰経脈を調整している。このため任脈は「陰脈」の海と呼ばれる。また、月経を調節し、胎児を育成している。三陰経脈・陰維脈・衝脈が皆、任脈につながっている。任は妊なり、陰脈の妊養となす。
by takeichi-3 | 2018-05-11 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

改めて~「広播体操」と「養生図」

中国式ラジオ体操~第五套広播体操を見直していて、、、
大半の動作、フィットネスの最先端ストレッチ系プログラムの内容と共通していることに気付きました。スピードを抑えて(呼吸の速度にして)~腕の操作は肩甲骨を使って~どこをストレッチしているのかを的確に把握~等、鍛錬部分を意識して行うことで気血の通りが良くなりそうです。




馬王堆から出土した≪導引図≫の動作を取り込んでいるという、中国広播(ラジオ)体操。
以前にも紹介していますが、私自身、改めて見直してより納得することが出来ました。

★≪導引図≫




二千年を遡る中国西漢時代、図として表された保健養生健康体操(医療体操)⇒≪導引図≫
導引は、呼吸運動と体躯運動を合わせた健康法。

私たちが現在目にする導引図の中で最古の物は、1974年に湖南省長沙の馬王堆三号墓から出土した図。この図は横100cm、縦50cm。

44人の人物が描かれていて、老人から若者まで、男女の比率は半々。
その服装から、漢代の平民たちの姿と見做され⇒導引図は、漢代に民間で流行っていた健康体操ではないかと、推測されています。

図の中の人物は、44の異なるポーズで描かれています。
どれも、傍らに、動作名称と養生効果を記した文字が。。。
発見された時には欠落部分もありましたが、残った31箇所の文字説明が研究者の手がかりとなりました。

44の動作は、呼吸運動、肢体運動、器械運動に分類できます。
この中には、現在の広播体操やヨガにもみられる動きがあります。また、中国の蹴鞠に似た動作も。

「卯滹」は、呼吸運動。
胸部を拡げながら上を見上げ~両手を上後ろに~胸を張り腹を引き締める⇒深呼吸⇒心肺の鍛錬

肢体運動は、ストレッチ、屈伸、ねじり、跳躍などの動きがあります。
「熊sheng」は、腰を捻じりながら転身、同時に腕を振ります⇒筋骨を鍛える効果があります。

棍棒や砂袋、球などの器械と共に描かれている図があります。
例えば、「堂狼」は、皿状の器械を利用した運動。
腰をねじり、両手は空に向けて飛び跳ねる~この時、目は皿を見ています。

長袍を着用した女性は、ボール運動をしています。
専門家によると、彼女の下に見える赤いボールは蹴鞠。現在でいうサッカーのような運動です。

導引図の中には、色々な動物の姿態を真似ているものがあります。
鳥、熊、猿など。この健康体操は、保健強身だけではなく、五官四肢の治療や消化器系統などの疾病治療効果もあります。

例えば、「以杖」は、通陰陽⇒血液循環を促進して、肢体の痺れに効果があります。
両手で棒を持ち、体をねじって~翻身につれて左右の手も上から下へ。

「引膝通」は、膝関節の痛みを治療します。
両手を拳にして、腰に当てて、体を後ろに反らせます。

「覆中=腹中」は、腹部消化系統の疾病に効果的。
腰を捻じりながら、両手を急転させます。

俯身翘臀仰頭虎視となる「満逆」は、腰、背、四肢のストレッチをすることで血液循環を促進、肢体の病や痛みに効果がある動きです。

現代になって、導引図の中の動きを取り入れて中国第五ラジオ体操が作られました。取り入れられた動作の例をあげると~~~現代でも見受けられる動作を古代の人たちは導引操と見做していました。

春秋時代になると、導引図の研究が進み、
荘子は、「吹呴呼吸、吐故納新⇒古いものを排出して、新しい気を取り込む」、「熊経鳥申、為寿而已⇒熊や鳥、猿の姿態を真似て養生長寿をはかり~」という言葉を残しています。

導引図が発見されるまで、「導引」は文字(言葉)でしか伝わっていなかったので、人々は具体的にはどんなものなのかを知る術が無かったのですが、出土した図を見た人々は、直ぐに理解することが出来ました。

東漢の医学家≪華佗≫は、この図を基に≪五禽戯≫を創ったと言われています。
五禽戯操とも呼ばれているその内容は、、、
虎、熊、鹿、猿、鶴、五種類の動物の動作姿態を真似て保健強身をはかる養生気功運動。

熊⇒静穏な動作⇒脾胃を強くし、体力増強。
鶴⇒スクッと翅を大きく展げた姿態⇒気血の通りを整える⇒経絡の通りを良くする⇒肺&呼吸増強。
虎⇒頭を揺らし、尾を振り、獲物を捉える⇒髄を、腰腎を強くする。
鹿⇒首を上下左右に~駆け回る⇒筋骨を引き伸ばして鍛錬。
猿⇒素早い動き⇒敏捷性を養う。

五禽戯には、治病養生強身健体の効果があります。
華佗の弟子≪呉普≫は、毎日毎日練習を続けて、90歳に至っても耳も目も問題なく、歯も抜け落ちることがなかったと言われています。
by takeichi-3 | 2018-05-10 23:56 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)