北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:気功:五禽戯・八段錦他( 195 )

練太極拳暢通気血。。。気血の通りをよくする

f0007580_23501289.gif練太極拳によって、気血の通りが良くなる⇒健康効果。
脊椎運動による効果、色々。。。

拳経里曾説過:“命意源頭在腰隙”、这个意思是説要将意念集中在脊柱上、現在仔细想想確実如此、人上体的重量,手、臂、肩所承載的工作、就靠脊柱来実現運転、脊柱就像布偶劇的根、没有跟布偶就無法行動。通過脊柱的転動带動手転動。脊柱一動、五臓六腑也会随之而動。所以在日常生活中、可対抜、伸拉几下脊椎骨、左右旋転几下脊椎骨。人们常説“伸筋抜骨”那就先把人体最主要的脊柱伸伸抜抜、如此可調気血、緩解疲労、対健康会有很好的效果。

众所皆知、把太極拳打起来緩慢松柔、这様不僅能疏通筋脈还能暢通気血。使人獲得健康和長寿。但没人知道这其実是行拳適合、脊椎带来的強大功能之一。脊柱包括頸椎、胸椎、和腰椎。

太極拳是一項全身運動、虽然緩慢但能活動到全身各个部位、配合上呼吸的調節、能让全身進行一个全面的有氧運動。太極拳是在腰脊帯動下的全身運動。

按照中医理論、暢通経絡、血管、淋巴及循環系統~因練太極拳的時間不会太短、故能像一般的带氧運動一様、能使血気運行順暢。練了若干時間、会察覚有指尖麻軟発痺、関節微响、針刺、腹鳴等感覚。根据中国医学理論認為这是経絡暢通的反応。这些臓腑是由許許多多的経絡連結在一起的,每条経絡都有若干个穴位,这些穴位相当于気血的能量倉、調節它不僅能防病治病、而且可以改変人的生命質量。

根据中医理論、運動就像是対穴位進行按摩。能疏通臓腑的気血、来達到内病外治的目的、效果很好。因为通過運動、脊柱活動起来。能為各个部位進行供血、防止因為気血堵塞所造成的杜塞而引発的疾病。臨床中診治頸椎、胸椎、腰椎疾病中、有一半的病人伴有植物神経錯乱和相応的内臓疾病、当脊椎病治好后、这些相応的臓器疾病也就全癒了。

太極拳主要是一種以腰脊為主的運動方式。它要求以腰為主導、腰椎一動全身上下都要跟着運動。配合拳勢呼吸及内気鼓蕩、使脊柱有節律伸縮張弛。只要脊柱一動、処在脊柱周囲臓腑的俞穴就得到按摩和鍛錬、尤其是腰脊命門的两边、腰眼的前折后迭更為激烈、使两腎得到非常有益的按摩、从而増強丹田气、疏通臓腑的気血、達到健身治病的目的。只有丹田気膨満、才能陰平陽秘、固命之本。丹田気是生命的根本、是協調陰陽、抗御病邪侵襲的関鍵。
by takeichi-3 | 2018-05-17 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

伸筋抜骨による養生等。。。

f0007580_2330231.gif今日の気功クラス、八段錦の動作を筋膜リリース(気血の通りをよくする)となる位に強度を上げて~肩凝り、目の疲れ解消&五臓経絡もマッサージ⇒その動きを太極拳に取り入れると~みたいな、「養生効果を出す」が主体の練習になりました。


太極拳練習時に要求される~定式から定式へ移る時に言われる「緩んで~」は、規律遵守によって出現する伸筋抜骨の結果です。
①虚領頂頸⇒いかなる時にも失われることがない。
②含胸抜背⇒含胸の完成が抜背(撑力)と気沈丹田を導く。
③気沈丹田⇒心静、圓裆&命門張出しの要素⇒形成時に虚領頂頸が失われると松ではなく萎が出現。
④尾閭中間⇒立身中正を維持する要素⇒尾閭の位置が正しい=歪みが出現しない。
上記が完成⇒緩み(放松・松沈)が出現~これにより、放松の力を利用した踵の蹴り出しが自然に出現するだけでなく、経絡マッサージ効果も得られます。
★知識(方程式=規律)を与えずに答え(形)のみを要求~いつまで経っても正解は得られません。


で、全身の骨をストレッチ出来るという簡単な動作。
全身各部の関節に気血が行き渡るので、関節炎予防&肩筋肉のストレッチにもなる⇒五十肩の予防にもなります⇒背筋&肩甲骨のストレッチ強度をあげると効果も大きくなります。



とても簡単に見える動作ですが、督脈と任脈の通りを良くする効果があります⇒小周天

督脈
督脈の経穴は全て体の正中線上にあります。
督脈は「陽の海」といわれ、全ての陽に属する経絡を統括している。
長強、腰兪、陽関、命門、懸枢、脊中、筋縮、至陽、霊台、神道、身柱、陶道、大椎、アモン、風府、脳戸、強間、後頂、百会、前頂、シンエ、上星、神庭、ソリョウ、水溝、兌端、齦交

奇経に属する体の後正中線を流れる経絡である。
督脈は全身の「陽経」を統率している。6条の「陽経」はすべて脊椎で督脈と交会している。督脈は陽経の血気を調節することを機能しており、“陽脈の海”と称する。頭、面、首、背中、腰、びてい骨部の後部の中央ラインに分布している。主に神経系、呼吸系、消化系、泌尿の生殖系、運動系の病症、および熱性の病症と当経脈が経過している部位の病症を治療する。

任脈
任脈の経穴は全て体の前面正中線上にあります。
任脈は「陰の海」といわれ、全ての陰に属する経絡を統括している
会陰、曲骨、中極、関元、石門、気海、陰交、神闕、水分、ゲカン、建里、チュウカン、ジョウカン、巨闕、鳩尾、中庭、ダンチュウ、玉堂、紫宮、華蓋、センキ、天突、廉泉、承漿

頸、喉、胸腹部の正中線を運行し、足の三本の陰経脈と下腹部で交差し、左右両側の陰経脈を相互に連係させて全身の陰経脈を調整している。このため任脈は「陰脈」の海と呼ばれる。また、月経を調節し、胎児を育成している。三陰経脈・陰維脈・衝脈が皆、任脈につながっている。任は妊なり、陰脈の妊養となす。
by takeichi-3 | 2018-05-11 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

改めて~「広播体操」と「養生図」

中国式ラジオ体操~第五套広播体操を見直していて、、、
大半の動作、フィットネスの最先端ストレッチ系プログラムの内容と共通していることに気付きました。スピードを抑えて(呼吸の速度にして)~腕の操作は肩甲骨を使って~どこをストレッチしているのかを的確に把握~等、鍛錬部分を意識して行うことで気血の通りが良くなりそうです。




馬王堆から出土した≪導引図≫の動作を取り込んでいるという、中国広播(ラジオ)体操。
以前にも紹介していますが、私自身、改めて見直してより納得することが出来ました。

★≪導引図≫




二千年を遡る中国西漢時代、図として表された保健養生健康体操(医療体操)⇒≪導引図≫
導引は、呼吸運動と体躯運動を合わせた健康法。

私たちが現在目にする導引図の中で最古の物は、1974年に湖南省長沙の馬王堆三号墓から出土した図。この図は横100cm、縦50cm。

44人の人物が描かれていて、老人から若者まで、男女の比率は半々。
その服装から、漢代の平民たちの姿と見做され⇒導引図は、漢代に民間で流行っていた健康体操ではないかと、推測されています。

図の中の人物は、44の異なるポーズで描かれています。
どれも、傍らに、動作名称と養生効果を記した文字が。。。
発見された時には欠落部分もありましたが、残った31箇所の文字説明が研究者の手がかりとなりました。

44の動作は、呼吸運動、肢体運動、器械運動に分類できます。
この中には、現在の広播体操やヨガにもみられる動きがあります。また、中国の蹴鞠に似た動作も。

「卯滹」は、呼吸運動。
胸部を拡げながら上を見上げ~両手を上後ろに~胸を張り腹を引き締める⇒深呼吸⇒心肺の鍛錬

肢体運動は、ストレッチ、屈伸、ねじり、跳躍などの動きがあります。
「熊sheng」は、腰を捻じりながら転身、同時に腕を振ります⇒筋骨を鍛える効果があります。

棍棒や砂袋、球などの器械と共に描かれている図があります。
例えば、「堂狼」は、皿状の器械を利用した運動。
腰をねじり、両手は空に向けて飛び跳ねる~この時、目は皿を見ています。

長袍を着用した女性は、ボール運動をしています。
専門家によると、彼女の下に見える赤いボールは蹴鞠。現在でいうサッカーのような運動です。

導引図の中には、色々な動物の姿態を真似ているものがあります。
鳥、熊、猿など。この健康体操は、保健強身だけではなく、五官四肢の治療や消化器系統などの疾病治療効果もあります。

例えば、「以杖」は、通陰陽⇒血液循環を促進して、肢体の痺れに効果があります。
両手で棒を持ち、体をねじって~翻身につれて左右の手も上から下へ。

「引膝通」は、膝関節の痛みを治療します。
両手を拳にして、腰に当てて、体を後ろに反らせます。

「覆中=腹中」は、腹部消化系統の疾病に効果的。
腰を捻じりながら、両手を急転させます。

俯身翘臀仰頭虎視となる「満逆」は、腰、背、四肢のストレッチをすることで血液循環を促進、肢体の病や痛みに効果がある動きです。

現代になって、導引図の中の動きを取り入れて中国第五ラジオ体操が作られました。取り入れられた動作の例をあげると~~~現代でも見受けられる動作を古代の人たちは導引操と見做していました。

春秋時代になると、導引図の研究が進み、
荘子は、「吹呴呼吸、吐故納新⇒古いものを排出して、新しい気を取り込む」、「熊経鳥申、為寿而已⇒熊や鳥、猿の姿態を真似て養生長寿をはかり~」という言葉を残しています。

導引図が発見されるまで、「導引」は文字(言葉)でしか伝わっていなかったので、人々は具体的にはどんなものなのかを知る術が無かったのですが、出土した図を見た人々は、直ぐに理解することが出来ました。

東漢の医学家≪華佗≫は、この図を基に≪五禽戯≫を創ったと言われています。
五禽戯操とも呼ばれているその内容は、、、
虎、熊、鹿、猿、鶴、五種類の動物の動作姿態を真似て保健強身をはかる養生気功運動。

熊⇒静穏な動作⇒脾胃を強くし、体力増強。
鶴⇒スクッと翅を大きく展げた姿態⇒気血の通りを整える⇒経絡の通りを良くする⇒肺&呼吸増強。
虎⇒頭を揺らし、尾を振り、獲物を捉える⇒髄を、腰腎を強くする。
鹿⇒首を上下左右に~駆け回る⇒筋骨を引き伸ばして鍛錬。
猿⇒素早い動き⇒敏捷性を養う。

五禽戯には、治病養生強身健体の効果があります。
華佗の弟子≪呉普≫は、毎日毎日練習を続けて、90歳に至っても耳も目も問題なく、歯も抜け落ちることがなかったと言われています。
by takeichi-3 | 2018-05-10 23:56 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

自分で養生。。。

f0007580_23522193.gif長く続けている気功クラス。
年を追うごとに、身体のあちこちの不調を訴えるのが普通になってきた参加者たちの様子に~当面は、気功の套路を覚えることより、日々の生活の中~テレビを見ながらでも簡単に出来る養生をメインに指導したほうが良いような気がしている今日この頃。


★肩凝り解消効果のある動き。。。




★肩がほぐれたら、続けて頭部も~よく見かける動作ですが、頭部の気血の流れが良くなるので、目がハッキリしてきた等の効果が、即、得られます。




★気温が高い季節に向きそうな、アメリカ人参&燕麦(オートミール)粥。。。



中国では、お粥はスープ感覚。
清火生津、解熱鎮静、体液補充等の作用があるアメリカ人参が入っているので熱い季節向き。含まれているビタミンとミネラルの量が穀類の中でも群を抜いている燕麦には、便秘解消、糖尿病の予防等の効果があるそうです。


★気温が高い時期向き、炊飯器で作る養生スープ三種。。。




★珍しくはない肉団子スープですが、肌を潤す効果があるそうです。


by takeichi-3 | 2018-05-07 23:55 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

陳希夷二十四節気導引法。。。

★陳希夷/二十四節気導引法。。。
手引きを見ながら、一通り動いてみたら、かなりなストレッチ効果が得られました。
本来は、練功の季節や時間の規定があるようですが、各自の体調に合わせ気軽に行えるかと。。。

※ストレッチの効果はコチラで⇒ https://stretchpole-blog.com/stretch-effect-1405

陳希夷(公元872年~公元989年)五代宋初道学家、理学家、養生学家。河南鹿邑人。
科挙に受からず、武当山、華山に隠棲。名は摶、字は图南。“希夷”は、宋の太宗より賜る。陳希夷十二月坐功は節気を鑑みた練功。医療効果や動作要求が明確で、明・清両代に流行した。

★そのまま~で申し訳ありませんが。。。
動作は、こちらを参考に⇒陳希夷/二十四節気導引法。。。((((((/-_-)/

f0007580_23165891.jpg

f0007580_2314560.jpg
f0007580_23141594.jpg
f0007580_23142545.jpg
f0007580_23143681.jpg
f0007580_23144610.jpg
f0007580_2315191.jpg
f0007580_23134782.jpg

by takeichi-3 | 2018-04-14 23:46 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

平肝功。。。身法(含胸)で動く

簡単な6個の動作で平肝効果を生み出す導引養生功「養血補来気益寿功」




張広徳老師からマンツーマンレッスンを受けた時。。。
「両腕を旋回させる動きの中には肺を養う効果があると聞いたことがあります。普通、心臓が人体の中で一番大切~と思っていますが、太極拳の動作でも抱球を作る時には腕を旋回~これを雲門、中府を意識して行えば肺の活動を促すことになります=肺から始めるのには意味があるのですか?」
と質問したら。。。

「肺は心臓を保護している。肺は気(陽=呼吸)の管理者。血(陰)は気の推し出しによって百脈に送り込まれるから~」

★含胸。。。
雲門&中府を押し開くように意識すると作り易く~自然に抜背(肩甲骨の開き)へと繋がります⇒「行気活路、寛胸養心」⇒横隔膜呼吸を誘導(下松沈)~丹田形成に必須な身法です。


≪養血補来気益寿功要領≫
該功由抱気、採気、 拉气、帰気、 拝仏和鼓漱等6勢組成、 属動静結合、 以静為主的養生術。
養血補気益寿功的特点如下:
1.気為基礎、意為主導
2.動静結合、以静為主
3.養練結合、以養為要
4.心神寧静、肢体放松

第一勢:抱気
随着吸気、 提肛調档、両腿伸直: 同時、両臂内旋、両掌分別向身体側前方摆起、両臂伸直、 掌心朝后、掌指斜朝后、両眼軽閉。
随着呼気、松腹松肛:両腿徐緩下蹲:同時両臂外旋、両掌抱于腹前、掌心朝里、労宮穴与気海穴同高、両掌之間的距離约為10厘米、両臂成一圓形、両眼軽閉。

第二勢:採気
接上勢、随着吸気、両脚不動、提肛調档:両腿逐漸伸直、両臂外旋、両掌向上托至胸前時、両臂内旋使両掌向頭的両側分摆,掌心朝前斜朝内:両眼軽閉。
随着呼气、松腹松肛、両腿徐緩下蹲、将両掌停于肩部側前方、労宮穴与肩同高、両臂均成弧形、肘尖下垂、掌心朝前、掌心成凹状:両眼軽閉。

第三勢:拉気
接上勢、随着吸気、両脚不動、提肛調档:両腿逐漸伸直:同時、両手向内、向后旋腕:両眼余光兼視両掌。
随着呼気、松腹松肛、両腿下蹲、両肘内收下沈、両掌弧形合于腹前、 掌心相対、掌指朝前、両掌之間的距離約20厘米、掌与臍同高。
随着吸気、 提肛調档、両腿伸直、両掌心相対分別向両側分開拉気至身体前側方、眼兼視両掌。
随着呼气,松腹松肛、両腿下蹲、両掌心相対向里合拢至腹前、掌指朝前、両掌之間的距離井約為20厘米、掌与臍同高、眼兼視両掌。
照此共做 6~9次,一开一合为一次。

第四勢:帰気
接上勢、随着吸気、提肛調档、両腿徐緩伸直、両掌抱気内收将日月精華之気採入関元。上動不停、両臂内旋、両掌分別向両側弧形摆至身体側前方、掌心朝后。
上動不停、両臂外旋使掌心朝前、両掌稍前移。
随着呼気、松腹松肛、両腿徐緩下蹲、両掌抱気内收、掌心朝里、掌与関元穴同高、掌指相対。
照此共做 6~9次、一呼一吸為一次。

第五勢:拝仏
接上勢、随着吸気、提肛調档、両腿伸直:同時、両臂内旋、両掌分別向両側弧形摆至身体側前方、掌心朝后。
上動不停、両臂外旋、両掌向上摆起、両臂自然伸直、掌略高于肩、掌心朝上。
随着呼気、松腹松肛、両腿下蹲:同時、両掌向胸前合掌成拝仏勢、中指端与鼻端斉平、両肘略下垂:両眼軽閉。

第六勢:鼓漱
接上勢、随着吸気、提肛調档、両腿徐緩伸直:同時、両掌分開下落叠于関元、男性左手在下、女性右手在下:両眼軽閉。
随着呼気、松腹松肛:両腮鼓動36次:両眼軽閉。
接着将口中増生的唾液分三口咽下、継而両手垂于体側、 左脚向右脚并拢成并歩站立勢、結束全套動作。
by takeichi-3 | 2018-03-12 23:59 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

そろそろ、春の養生。。。

f0007580_2351745.gif
楊式系の練功法のようですが、、、
股関節の動きをよくする&腎養生効果が得られるそうです。



【功理作用】
任督両経絡が刺激されるので、、、
全身の気血の通りをよくする、調補先天、補益后天、強腰固腎~により健康が得られる。
太腿後部の筋肉ストレッチにもなるので、下肢の柔軟性が高くなる。
腰背部のストレッチ⇒筋肉疲労を軽減。
両足を徐々に開閉することにより、股関節の動きを良くする効果も得られる。

肝臓を養う季節と言われている「春」間近。
五行学説では、腎(水) 肝(木)は母子関係⇒「肝腎同源」~「補腎」=「養肝」。


中国南方系の春季養生料理。
「馬蘭頭」という菊科の青菜が使われていますが、春菊や法蓮草で代用できそうです。
「松の実&干豆腐の和え物」「オムレツ風⇒+椎茸&胡桃」「肉&豆腐の団子スープ」の三種。



ナッツにはコレステロールを抑制する不飽和脂肪酸、老化防止の効果があるビタミンE、ダイエットに欠かせない食物繊維が豊富です。脂質が多いのでエネルギーは高めですが、1日10~20粒程度を常食すると、身体によい効果をもたらすと言われています。

★松の実:
松の実には体に良い脂肪酸であるオレイン酸やレノール酸を豊富に含んでいるので、生活習慣病を予防することができます。それだけでなくビタミンEなどによって老化防止の効果も期待できますし、血行を改善する作用もあるので冷え性などにも効果的です。
なによりも松の実の特徴なのがピノレン酸を含んでいることです。ピノレン酸は抗炎症作用や鎮痛作用がある成分であり、アレルギーやアトピーを緩和する効果があるとして注目されている成分です。それ以外にもピノレン酸は食欲を抑制するホルモンの分泌を促す作用がある為、ダイエット食としても注目されています。

★胡桃:
身体を温め、冷えや便秘を改善するほか、疲労回復に効果があります。実が脳の形に似ており「頭が良くなる」と古くから食べられていますが、実際に脳の働きを活性化する不飽和脂肪酸が豊富です。

★落花生:
脳神経の働きを良くするレシチンが多く、記憶の向上やもの忘れ防止に役立ちます。また腸内環境を整えるオリゴ糖が豊富に含まれます。

★アーモンド:
抗酸化作用があるビタミンEとポリフェノールが豊富。老化防止や美肌効果のほか、動脈硬化・糖尿病といった生活習慣病の予防が期待できます。

★ピスタチオ:
ピスタチオに含まれるフィトステロールは、コレステロールの吸収を抑え、排泄を促す効果があります。また貧血を予防する鉄分・高血圧を改善するカリウムが豊富です。
by takeichi-3 | 2018-03-08 23:56 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

少林八段錦。。。

f0007580_0164363.gif長く続けている気功&太極拳クラス。今日から少林八段錦の学習開始。
腰椎への刺激や手腕の使い方~養生色を加味した太極拳を行う時に応用できそうです。

易筋経が演化したと言われている八段錦。少林寺では早くより行われていた健身功法の一つ。
大本は、達磨大師がヨガの呼吸法と中国の導引術を結合させて創りだした健身法。
唐朝期の少林寺高僧霊丘善は八段錦により109歳迄生きたと。。。
舒筋活血、調理気血、人体新陳代謝促進等の効能により、長く続けることで健壮体質、抗疫祓病、延年益寿が得られる。



※動画とは順番が異なりますが、、、各動作の効果等。

・準備式:意守丹田、寧静心神、調整呼吸、端正身型。
①双手托天理三焦:意想三焦通暢、両掌上托(気は関関元~天突)、両掌下落(気天突=関元)。
②左右開弓似射雕:開弓劲達脊背、意至食指商陽(人差指、爪外下にあるツボ)。
③調理脾胃須単挙:意想丹田、伸拉両脇(肋)、吸入清気、呼出濁気。
④五労七傷往后瞧:旋臂刺激手腕原穴、后瞧転動頸部大椎、展肩劲達脊背、蹲身気沈丹田。
⑤揺頭擺尾去心火:揺頭放松大椎、擺尾転動尾閭、呼吸取其自然、意念守在湧泉。
⑥双手攀足固腎腰:摩運膀胱経、通任督二脉、意念守在命門、気息沈至丹田。
⑦攢拳怒目増気力:左右擰(捻)転脊柱、気力発于丹田、旋腕用力抓握、両眼怒目睜圓。
⑧背后七顛百病消:脚趾用力抓地、百会向上虚領、放松肢体下顛、吸气呼气想丹田。
・收式:気息帰元守丹田、静養一会再還原。

※腹式呼吸~呼吸に合わせて動作を行う。

※動作は柔和に。
軽松自然で伸びやか、緩やかでゆっくりと。重心は安定、虚実分明、圓活(動作路線は弧形~角張らない~直線で動かない~関節は自然に湾曲⇒鈍角を維持、鋭角とはならない)。

腰脊の軸による四肢運動。上下相随、節節貫穿、連貫~動作の虚実変化と姿勢転換を結びつけ~滞らないよう(行雲流水連綿不断)~蚕が糸を吐くよう丁寧に神経回路を繋げながら(劲を通す)動作を行うことによって、経絡の通りも良くなる(気血がいきわたり健体に)
by takeichi-3 | 2018-01-26 23:59 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

拍打で健康に。。。

f0007580_2354859.gif太極拳と気功の呼吸法の違いを調べていたら、、、
道家系の養生関係文章に「拍打解疲法」というのを見つけて、
興味が、拍打法へと流れてしまいました。。。(((((^^;


道家の練功を終えた後の養生~「拍打解疲法」
練功の後、疲労を感じたらツボを叩いて解除⇒叩く数は、各三十六回。
・双肩井穴⇒右手掌で左肩井穴を左手掌で右肩井穴~もしくは、両手を交差して行う。
・足三里穴⇒両手の掌根部分で左右を同時に叩く。
・湧泉穴⇒右手掌で左足心を左手掌で右足心を叩く。
以上の三法を行うと、全身軽松~疲労解除&健康長寿も可能に。。。


★以前にも紹介したことがある、「十四経絡拍打法」。。。




★十二経絡。。。3D説明。


by takeichi-3 | 2018-01-18 23:56 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

色々な八段錦。。。

f0007580_23595851.gif
今日は、健身気功以外の八段錦の動きを色々と比較していました。。。


★少林八段錦~動作がクッキリとして綺麗だった釈徳揚。初めに由来説明しています。




★武当三豊派八段錦~鐘雲龍道長。。。




★八段錦ではありませんが、動きが興味深かった少林禅圓功。。。
武術世家出身。少林寺で禅学・武学・医学秘笈~正宗全面を学んだ伝承人「朱天喜」


by takeichi-3 | 2018-01-09 23:58 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(1)