北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:太極拳( 453 )

雲手~実戦。。。

昨日紹介した少林寺禅圓功~に登場している朱天喜老師の少林雲手実践。
2007年に放送が開始された中国功夫実戦(格闘)番組「武林大会」にゲスト出演した時の様子、私が師匠(宗維潔)に指導を受けた時の用法と同じだったので。。。

★多くの人が、少林拳は硬剛だと思っていますが、実際は剛だけではなく剛中有柔、柔中帯剛。
以柔克剛~を見てみましょう。。。
相手が真っ直ぐ打ってくる~硬拳を硬で受けるのではなく~柔(円弧)で化しながら。。。


by takeichi-3 | 2018-01-10 23:59 | 太極拳 | Comments(0)

太極拳上達の秘訣。。。

★太極拳上達の秘訣~根性(努力&堅持)です。。。(((((/-_-)/




全中国大学生チャンピオン獲得経験のある長拳コーチに学んでいた子供のお母さんが、、、
「長拳が上達するには、何が必要ですか?」と尋ねた時の答えは「根性!」
⇒武術を続けていると、辛いことや苦しいことがいっぱいあります。だから、時間が経つにしたがって、少しずつ離脱していく者が出てきます。そんな中、残っていける根性があれば、いつかはトップに立てるのです。

北京の宣武門公園で王世祥老師に形意拳を習っていた時、娘さんを訪ねて上海から来ていた伝統楊式の老師は、、、
「生徒から受ける謝礼として一番価値があるのは上達。生徒の上達(努力)は老師の財産になる」

f0007580_23503185.gifと、、、
以前に聞いたことのある言葉が腹に落ち始めている今日この頃です。
by takeichi-3 | 2017-12-26 23:52 | 太極拳 | Comments(0)

太極拳系筋トレ。。。

f0007580_23521925.gif
昨日は、西洋式の機能(整体)トレーニング。。。
今日は、太極拳系~中国伝統的なトレーニング。

公園などで行われている太極拳の訓練では見ることは殆どありませんが、崔仲三老師とか~老師の家に集まった弟子たちが行っている大杆~太極拳レベルアップ向けの補助器械と認識されています。

拳諺では、「身体不整、用杆校」
練習要領は、精神集中、身体中正、身体&槍要成一整体、做到身霊、歩活、手合、劲整~長期の不断の練習で、内劲大増、劲整渾圓⇒力達杆尖。

★5mの大杆。。。
中国ネットで一般に販売されている大杆の長さは、2m50cm~4m超。。。




★石鎖~宗維潔老師が子供の頃、大人たちが練習していたと。。。




太極拳名家「呉文瀚=武式」による、伝統的な太極拳用トレーニング。
※現在、技撃目的で太極拳を学ぶ人が少なくなったことから、訓練者は減っているようです。

①石鎖
一般的な石鎖の重量は二十斤(10kg)~重い物で六十~七十斤。
提、挙、抛、接、托、頂、盘等の技巧により、腿、腰、背、肩、腕、指の力量を増大。
元々は、古代軍士の身体鍛錬方法。後に民間武術家に伝わり発展~多くの練習方法が考え出された。

②沙袋(砂袋)
河北邢台で武派太極拳を学んでいた子供時代、沙袋を投げ合うという方法で「順人之勢、借人之力、不丢不頂、化打合一」な太極拳功夫を学んだ。

沙袋の長さは約一尺、幅は五寸の枕状の布袋。中には鉄沙~五、六斤から十斤余りの重量。片手で順力を利用して投げ~順力を利用して受ける⇒肩肱等の順力接送~「化卸来力、再順
勢投出撃人」な太極拳の「逆来順応、引入彀中、順勢借力、旋転発放的技撃」などの原理に加え、習熟するに従って太極八法(掤、捋、挤、按、採、挒、肘、靠)が融化して技撃能力が高まる。




③太極球
1928年に出版された《健康指南》の中、褚民誼による「太極球」
推手八法を太極球によって練習出来る。外側はバスケットの皮を利用、中には鉄沙によって作られている。

十年程前に、太極球の製造を依頼していた生徒の拳友が、中味が水の太極球を製造した。
水と鉄沙は異なる物質~重心が留まることなく移動し続ける水はコントロールが難しいが、「听劲」の役にたつ。
by takeichi-3 | 2017-11-30 23:54 | 太極拳 | Comments(0)

群馬で太極拳~師匠の師匠

f0007580_21533335.gif
明日、明後日と~群馬で太極拳。
宗維潔老師が来日~42式剣講習会に参加させて頂く予定。

最近、若い頃の宗老師が示演している呉式45式拳の動画をUPした人がいて、、、
その動きを見ながら、改めて、敵わないなぁ~と、実感。



講じている李秉慈老師の師匠、楊禹廷。。。
その太極拳に対する姿勢と指導は、、、
練習に向かう時は、数キロの道のりを単式練習を繰り返しながら進んだ⇒一歩が一つの搂膝拗歩とか~槍は、毎日800回撞いていた。練習時間は、90歳を越えても守られていた。寒暑、風雨などに影響されることもなかった。

社会の変化と共に、武術も「科学化」「規範化」「合理化」が求められるようになり、、、
その教え方は口数が多く、説明しては自ら動いて見せたので、参加者たちは早く套路を覚えることが出来た~自分の技術を隠そうとはせず、全てを明らかにしていた。

弟子によると、
「分からないことがあったら質問しなさい。難題であればあるほど、お互いに成長できる」
と言っていたと。。。

楊禹廷とは、師弟というよりは盟友のような関係だった李経悟。
李秉慈とは、17歳の歳の差はあったものの関係はよくて、朝に晩にと切磋琢磨し合った間柄。

f0007580_220558.jpg
練武が反動権威とされ、活動が禁止されていた文革時代。
李秉慈は、臨時工として野菜を配達しながら一家9人を養っていた。そんな時期に、李経悟が北載河から北京に~李秉慈を尋ねた野菜市場、凍り付くような寒さ。雪の中で働く姿を見て涙が流れたと~立ち話をする暇もなく、忙しく働いている李に付き添って野菜配達しながら半日~ようやく、二人は食事を摂り~郊外に住む楊禹廷の元へと向かった。

そんな時代を過ごしてきた李秉慈老師の指導方針。。。
「私自身、現在は太極拳を専業としている。現在、太極拳は大きく変化している。以前は女性の練拳者は少なかったが、女性の方が多くなっている。若者が多かったのが、高齢者の方が多くなり~推手練習が少なくなったり~私の教え方は、楊老師とは違う。先ずは套路を教え~その過程で、套路に出てくる式(勢=架)を利用して、基本功と基本用法など~中身の無い套路とはならないように、糾正&説明をしている~これらの知識が無いとレベルアップ出来ない。太極拳を練習するには、“何故、そうしなければならないのか?”を理解しなければならない。

という指導の結果が、、、
全套示演している宗維潔&各段示演している劉偉老師です。
by takeichi-3 | 2017-11-24 23:52 | 太極拳 | Comments(0)

「功守道」の競技規定~実戦推手

「功守道」と冠された武術大会開催。。。
馬雲とジェット―・リーにより創られた競技武術。



ジェット・リーが、簡単に競技ルールを説明していますが~もう少し詳しく。。。

功守道は、中国国家級無形文化遺産である太極拳を基礎として発展させた競技。
太極拳推手競技の規則を基礎にして創られていて、ルールは簡単、公平、攻防性、鑑賞性を備えた競技。全世界への普及を目指している。

太極拳推手は太極拳の技撃能力訓練であり、劲を悟為の重要な手段。
伝統武術には、踢、拿、打、摔等の技法や「揉手」「摛手」といった訓練方法もあるが、功守道は、太極推手を基礎に~国際化に向けて創新。

・理念⇒「剛柔并済」
・基本法則⇒太極推手の核心「掤捋挤按」
・基本技法⇒「採挒肘靠」⇒技法により倒す、台を踏み外す~などが得点となる。
・相手を力ずくでひっくり返らせたり、掴んだり、関節技をかけたりするのは禁止。

等々の規則を読んでいて。。。
去年の3月に北京で受講した「実戦競技推手」の内容と、ほぼ同じだと。。。


★サンプル対戦。。。


by takeichi-3 | 2017-11-16 23:52 | 太極拳 | Comments(0)

北京で太極拳劲の運用。。。

f0007580_22442443.jpg

f0007580_2252679.jpg天安門周辺、煙ってます。

ブラジルとの会談があるからか警備厳重。通常は故宮手前で行われている検問、目的の中山公園手前で~もしかしたら崔仲三老師の太極拳は休み~という予感は当たり、少人数の生徒が自主練。

来月参加する予定の中華武術の講習会で、いつも気にかけて下さる奥様に挨拶しておきたかったのに~中国携帯を無くし、不自由してます。

f0007580_2253961.jpg
次のスケジュールまで、時間に余裕が出来たので、
噂に聞いていた、金魚を絵画のように展示しているという回廊見学に。。。

立派な体格や珍しい金魚が多数展示されていて、
初めて見た「水泡眼」。そして~何故か、すぐに逆さまになってしまう金魚。逆さまになると、仲間たちがヒックリ返しに来てました。

f0007580_22541312.jpgf0007580_23134691.jpg


f0007580_23145714.jpg時間調整を終え地壇公園~此処も煙ってます。
遠くに伝統拳老師の推手をしている姿~週末の午前十時過ぎならという予想が当たって一安心。

下沈により出現する太極拳劲~身体調整による運用&基礎的思考(自分で工夫できるよう)のあれこれを学習⇒金老師、欧米人向け武術学校で伝統拳を教えているだけあって、実戦に長けてます。

練習の後は中国シャブシャブ~(o^0^o)Ψ
f0007580_23153693.jpgf0007580_23163015.jpg
by takeichi-3 | 2017-09-02 23:53 | 太極拳 | Comments(0)

初心者講習。。。

以前、超初心者向けに講習する機会があった時の様子。。。
参加されていたのは、年配の方ばかり。いずれも「初めて~」ということ。
さ~て、、、不慣れな動作のせいか、椅子に座って、「見るだけいいです。」と言う方も。

じゃ、じゃ、と、、、
「初めは、椅子に座ってストレッチでもしましょう。」と、、、

f0007580_23323585.jpg
浅く腰かけ、踵をついて爪先は天井に向けるようにして膝裏を伸ばす。安定したら膝の少し上に手を置き上半身を曲げながら押す。
f0007580_23331772.jpg
両手で膝を抱える
⇒呼吸に合わせて(吸気で引きよせ、呼気でリラックス)行う
⇒股関節のリラックスと折畳みを意識すると、太極拳にも有効。
f0007580_2334476.jpg
身体を捩じる
⇒姿勢は真っ直ぐに。
出来る人は背もたれと反対側の手で背もたれを掴み負荷を加える。
f0007580_23351667.jpg
背もたれを持ち、胸を突き出す。
⇒呼吸に合わせる(吸気で突き出し、呼気でリラックス)

それから、「肩凝りがひどい」という人が多かったので、

①左右の腕を肩の高さで真横に真っ直ぐに伸ばして、肩甲骨を中心に前後に回す。
②掌を胸前で開き、左右の肘が背中で合うように後に引いてくる。
⇒吸気で引く⇒引ききった時(=吸いきった時)一瞬緊張させ、呼気と同時に緩み前に押し出す。

どちらも、肩甲骨を動かす(背中側では中央に集まるように)を意識して行うことで血行が良くなる⇒肩凝り解消に効果がある。

といった準備運動の後に、太極拳の基本功と要求など。。。

①頭を上げて~大椎を後ろにひくようにして~姿勢真っ直ぐ⇒脊柱を下に伸ばすように。
②肛門を引き上げ~収臀、収腹~命門を外に張り出す(督脈~先天)効果説明。
③目線は平らよりも微かに上⇒目を一層開く感じ~「頭を上に」の手助けになる。
④肩は放松して沈ませる⇒肩が沈むと肘が墜ちる⇒腕を真っ直ぐ伸ばした状態で沈肩を行うと明確。
③抱球は正中線意識(強度の違い確認)⇒小さなボールではなく、大きなボールを抱えている。
⑥基本、手首は肩の高さを越えない。
⑦過程動作でも股関節は左右平行~肩(肩隅)とは上下で一致している⇒背骨の垂直を維持。
by takeichi-3 | 2017-07-02 23:53 | 太極拳 | Comments(0)

簡化二十四式~動画で説明。。。

f0007580_2328929.gif
規格の正しさ(精度の高さ)を追及~が上達への近道。
昔~昔に、ダイジェストっぽく訳した簡化二十四式の数々。
改めて。。。m( _ _ )m




「第一回は、予備式、起勢、野馬分鬣の三つの動作を学びます。まず、動作を続けて行います。」

1)予備式
上体は自然に、両足は爪先を前に向けて並行に揃えます。
胸腹放松、手は太腿の横に自然に垂らし、視線は平ら。
左膝を上げ左足を左横に開きます(開歩で並行歩に)⇒爪先着地。両足の横幅は肩幅と同じ⇒足の外側基準。
※虚領頂頚、沈肩、含胸抜背、気沈丹田、提肛などにも注意を払って下さい。
⇒以降、動作の変換時には必須。

2)起勢
両腕を緩めて、前上に肩の高さまで上げます。両手の横幅は肩幅。掌心は下向き。
膝を曲げ~腰が落ち~肩肘が墜ちて丸みが生じ~は同時に行われ、最後、両手は腹前を抑えます。

3)野馬分鬣
上体をやや右に回しながら重心を右脚に。
左足は右足の内側に寄せ(収脚)、右腕は弧を描きながら持ち上げて肩の高さに、左手も弧を描きながら右手の下に⇒抱球を作る。左右の掌心は向き合います。

身体を回しながら左脚を出して、踵から着地させます。両足の横幅は10~30cm。
この間、両手は動き続けて手首部分で交差します。
踵を蹴りだして弓歩になるのと両手を分け広げるのは同時に行われます。
右の手の位置は掌下向きで股関節の横、指先は前を向きます。左手の掌は肩の高さ(手首が肩の高さ、指先は見の高さ)で斜め上を向きます。

重心を後ろに移動、前足を外側45度に開き⇒上体(腰)によって開く~重心を前脚に移動。
両手が抱球となるのと収脚(脚寄せ)が一致。

※呼吸と動作の一致
開歩で脚を上げる⇒吸う、脚を下ろす⇒吐く、腕を上げる⇒吸う、膝を曲げ、腕を下げる⇒吐く

この起勢の動作には調息(呼吸を整え、精神を安定される)の効果があると同時に、腹式呼吸による横隔膜運動ができるので、繰り返すことによって、内臓マッサージをすることができます。

抱球⇒吸う、手を分け開く⇒吐く、収脚抱球⇒吸う、弓歩分掌⇒吐く

では、動作と呼吸を合わせて練習してみましょう。

≪各老師(呉阿敏、李徳印、宗維潔)の24式解説≫
白鶴亮翅、左搂膝拗歩、弓歩推掌
搂膝拗歩~手揮琵琶
倒巻肱
攬雀尾
雲手
高探馬、右蹬脚、双貫耳、左蹬脚
下勢独立
左右穿梭、海底針、閃通背
搬欄捶、如封似閉、十字手、収勢
by takeichi-3 | 2017-06-20 23:51 | 太極拳 | Comments(0)

基礎トレーニング。。。

★陳正雷老師によるウォーミングアップ運動。誰にでも無理なく行える動きです。





★3年ほど前に海淀体育館の子供長拳チームが、去年、来日した李斌老師の講習会の準備運動で、
先の北京では、気功講習に参加していた地域のオバさん指導者たちも行っていた体幹トレーニング。

≪プランク≫
一つの動作を30秒行って~一分間休んで~同じ動作を30秒行う~で、次の動作に~が一般的。





f0007580_23522950.jpg体幹の解剖学的な定義は
「腕、脚、頭部を除いた胴体部分」とされています。
つまり、首の下から股関節まで脊柱を中心にした胴体部分が「体幹」ということになります
体幹を鍛えるということは、手足、頭部以外の胸筋、背筋、腹筋、殿筋などの筋肉をまんべんなく鍛えるということになると考えられます。

この体幹筋力が強い~固定(安定)能力が高いと力のロスが少なくなり、運動機能が高まります。

体幹トレーニングの代名詞と言えるのが「プランク」と呼ばれるメニュー。
猫背や反り腰などの姿勢の乱れが起きる原因の1つには、小さなクセの積み重ねで筋肉のバランスが崩れることが挙げられます。

バランスが崩れた筋肉は血流が悪くなって凝り固まり、周辺のほかの筋肉にまで影響を及ぼします。
プランクは姿勢をキープするのに重要な腹筋と背筋をバランス良く鍛える事が出来るため、キレイで自然な姿勢が身に付きます。

腰痛が起きる原因の1つ~筋肉のバランスが崩れることによって引き起こされます。
腰周辺は支える骨が少ないため負担が掛かりやすく痛め易いと言われていますので、元々人間の弱い部分で支える筋肉が衰え易いと言えます。

プランクは腰への負担が少なく、且つ骨を支える筋肉を鍛えられるので腰痛を軽減する効果が期待できます。プランクは体の奥底にある細かい筋肉群に刺激を与えて鍛える事が出来、更に、体幹部分の筋肉をバランスよく鍛え整えるので、ブレが小さくなり運動パフォーマンスが向上します。
by takeichi-3 | 2017-06-18 23:54 | 太極拳 | Comments(0)

師匠の剣。。。制定拳、伝統拳

北京、今までは~「太極拳理論に則った指導が出来るように~」をリクエストしていたのですが、
今回は~「表演をメインにした42式剣を~」とリクエストしたら、筋肉稼働100%超え。

剣の用法&身法は言うに及ばず。。。
その他、独立時の膝~通常は胸位まで上がっているのですが、「もっと高く」という要求。
動いて見せてくれる老師の膝を確認すると~腋近くまで引き上がっている。。。
定式では、前後上下~あらゆる方向に勁力(掤)が働いて亮相(見得を切る~みたいな)に等々。


★42式剣とは風格(リズムや見せ方)が異なりますが、師匠の16式剣。。。





★以前のブログから。。。≪制定拳、伝統拳≫

f0007580_23522042.gif
とある伝統拳老師の書籍の中で見つけた、二十四式太極拳の功績。。。
簡化二十四式太極拳。初めての制定拳~
伝統(民間)拳系からの批判の言葉も数多くありますが、、、

私自身も、以前は、、、
制定拳=表演、競技用套路⇒中身がない。
伝統拳=武術本来の味わい(攻防)がある。
というような概念を持っていたので、、、

「規定拳よりも実践的な伝統(民間)拳のほうが面白そう~」
というようなことを、北京の宗維潔老師に向かって発言したら、、、
「規定拳は伝統拳の中から生まれたもの。根は同じ~どこに違いがあるっていうの(-"-)!」
と、不機嫌な答えが返ってきました。

老師は、小学校の頃に興武武術社で形意拳を始め~
その後、北京で開催された武術大会で李秉慈(呉式)老師に才能を見出され、劉偉老師とともにスカウトされて太極拳も学ぶようなったのですが~李老師は楊禹延の高弟。なので、全中国大会で幾度かの優勝経験があるとはいえ、伝統的な実践武術訓練も受けて育っています。

そんな老師に長く習っていた結果、、、
ようやく、規定拳は体操にも武術にもなりうる~ということが理解できるようになってきました。

10月の中華武術主催の講習会で遭遇した北京武術隊コーチの呉彬老師も、
「四十二式が競技用套路として作られたとはいえ、武術なんだから攻防が表現されていなければ。。。」と、曾乃梁老師と語っていました。

で、主題となる~伝統楊式老師が述べている簡化二十四式太極拳。
簡化二十四式は、太極拳の発展に大きく貢献した。
伝統太極拳を基礎として、繰り返しや難度動作を削り~型も少なく、短い時間でこなせるようにしたので、一般の人たちからも受け入れられる健身運動となった。

「簡化=低レベル」と思っている人もいるが、、、
二十四の動作の中には伝統拳の精華が保留されている。簡化だからといって、労力を惜しまないように。武術本来の要領をきちんと守って練習しなければならない。

太極拳を始める=仕事を始めるのと同じ。
規律(格)を覚えることから始めなければ、いつまで経っても優秀な作業員にはなれない。
より良い技術を身につける為には、日々、より厳格に要求(理論)を追求し続けることが大切⇒規定、伝統~本質に差はないはず。
by takeichi-3 | 2017-06-08 23:56 | 太極拳 | Comments(0)