北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:武術各派( 188 )

鉄砂掌。。。

最近の中国カンフー映画、「武術経験者でなくてもアクションは大丈夫」が分かる映像。
★中国映画≪最後的武林2鉄砂掌≫のオープニングMV。。。



鉄砂掌は、「頤名思義」が鉄砂を利用した練習を通して練り上げた掌功。硬気功の範疇。
鉄砂掌の劲路は陽剛。ひたすら、手を鍛え尽くす~功法。少林寺の武僧たちにとっては経常練習している重要な功夫。主要流派は、“頤式鉄砂掌“ ”五海鉄砂掌 “少林鉄砂掌”。

鉄砂の中には、調合された薬剤が加えられている。見た目では剛強な感じだが、実際は柔靭。練習の最大秘訣は放松⇒自分を傷つけることがない。鉄砂掌専門の門派はなく、各武術家たちが各々独自に工夫して鍛錬の中に取り入れている~漢族武術、最高絶技の一つ。強筋健骨、流暢気血、内臓の功能を高く、祛病延年等の効果がある。

練習要点は、気自丹田吐、全力注掌心。按実始用力、吐気須開声。技撃動作発出前各関節要放松、待出撃時突然伸直、劲達掌心、同時開声一喊、令敵人心神猝然一惊、則掌力正至妙処。 拳諺云「気贯掌心、劲達四梢」「拳从心発、劲由掌発」「腿打七分手打三、全仗两掌布機関」等~手的変化、决策于腕。掌根鋭骨、即為腕劲。霊龍活発、剛柔蓄隐。擒拿点打、無不応順。掌腕合巧、方能制人。腕滞力拙、徒労費神。



★本物の鉄砂掌伝承者。。。





★≪最後的武林2鉄砂掌≫のエンディングMV~音楽でイメージが変わります。


by takeichi-3 | 2018-06-14 23:52 | 武術各派 | Comments(0)

今日も長拳。。。天津理工大学

中国の全国武術大会で、上位入賞が多い天津隊。。。
天津理工大学武術班の訓練映像。日本の太極拳団体で長拳を指導していた学生チャンピオン(上達の秘訣は「根性!」と答えていた)が所属していた頃の様子。なので、十年以上前~でしょうか。




北京での太極拳訓練、準備運動の様子は同じ。
列になって、休みなく次から次へと連続して各種の提腿や単式を繰り返し行います。
by takeichi-3 | 2018-06-11 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

中国武術名家講堂~開催拳式。。。

f0007580_084073.gif
今年の中華武術第十三期名家講堂に参加する老師たちの映像を色々見ていました。


★王世泉:八極拳著名伝人。




★劉绥濵:青城太极拳著名伝人⇒青城太極站功六式。




★韓建中:中国人民公安大学高級教官,著名技撃家,梅花桩拳伝人。
トーク番組で梅花拳を紹介。。。


by takeichi-3 | 2018-06-07 23:58 | 武術各派 | Comments(0)

長拳の基本。。。趙長軍

f0007580_23181220.gif長拳。一般的には、とうに止めている年齢だというのに未だ続けています。
病に臥せた北京の形意拳老師が復活したら、より良い練習が出来るよう体力をつけるのが目的~それは叶わないこととなってしまいましたが、中国の公園等で民間高手老師に遭遇した時、体力(これも功夫)が認められれば快く指導して貰える~ので、そのチャンスを逃さないよう、週一で続けています。


★改めて見直した長拳の基本説明。分かり易い。



示演しているのは「趙長軍」。。。
1978年から1987年にかけて、国内外の武術大会で獲得した金メダルは54枚。十年連続で全国武術男子全能優勝を獲得。「長勝将軍」と称されています。

1960年、陕西省西安市の回族の工人家庭生まれ。1966年、民間武術家「袁玉生」より習武開始。1968年より民間武術家「張俊德」を師とする。1970年、陕西省武術隊に入り、「白文祥」「馬振邦」より専門的な武術訓練を学ぶ。

1980年、映画《神秘的大佛》で武術指導を担当。1982年製作の映画「武当」では主役を演じ~後に数々の映画に出演するが、1990年、故郷陕西省武術隊に乞われて主任コーチに。1991年には「中国西安趙長軍武術院」を設立。ドニー・イェンの指導もしています。

武術を始めたきっかけは、近所の子供たちと喧嘩して負けたのが悔しくて~報復の為。彼の気持ちを支持した父親の助けもあって、民間武師「袁潤生」より習武。

「父は、普通の建築作業員。仕事は辛かったのに、三年以上も毎日送り迎えをしてくれて、家では自主練の相手もしてくれた。経済的に困難だったのに、私に栄養をつけようと、老師の家に向かう途中で、二本の油条と豆浆を食べさせてくれた。自分が食べることはなかったのに」

そんな家族の期待に応えようと、冬夏春秋、雨の日も風の日も休まず通い続けた。ある時、夜に膝の高さまでの雪が降った翌日でさえも老師の門を叩いた。以降、老師も倍以上に熱心に指導。季節に関わりなく、太陽が出ているうちは習武。4年が経った頃、陕西省武術隊のコーチ「白文祥」が家を訪れ、「この子には天賦の才がある。将来有望。専業チームに入らないか」と。

十歳で入隊。70年代初め、相当に貧しかった趙長軍の家。空腹に耐えながら暮らしている中、彼が武術によって名を成すことを支持。家族の為にも優秀な選手にならねばと、艱難辛苦をこなした⇒厳しい練習で踵が切れ出血。靴下を脱ぐには、お湯をかけて皮膚と粘着している血液を溶かしてからとか~柔軟性が不足していたので、開脚のまま押さえ込まれて半日過ごすとか~コーチが自分に課す要求を頑強に粘り強くこなして夢を叶えた。

陕西省武術隊に入る=革命工作に参加⇒每月18元2角の給与が支給された。そのうちの10元を食費として、それ以外の無駄遣いはせず~一年で100元近くを貯め、家族に渡していたそうです。

選手当時のライバルはジェット・リー。香港の映画監督「張鑫炎」が少林寺の主演者を選ぶ時には趙長軍の名前も挙がっていましたが、香港の監督という部分にこだわり拒絶。

な、趙長軍。一昨年の雑誌中華武術主催の講習会「中国名家講堂」で見かけましたが、予想よりも小柄でした。

f0007580_0141877.jpg

by takeichi-3 | 2018-06-04 23:52 | 武術各派 | Comments(0)

システマ。。。ロシア格闘技

ロシアの格闘技「システマ」トレーニング。力の抜き方が興味深くて。。。




各関節、フル稼働しています。。。




★基本原則(by Wiki)
システマでは個別の技よりも、身体の使い方の原理を習得することに重点が置かれている。特に以下の4つがシステマ的な身体の使い方の基本原則であるとされる。
・Keep breathing (呼吸し続ける)
・Stay relaxed (リラックスを保つ)
・Keep straight posture (姿勢を真っ直ぐ保つ)
・Keep moving (移動し続ける)


緊張ほぐしに、少林寺の子供たちの訓練風景でも。。。(((((/-_-)/


by takeichi-3 | 2018-05-29 23:51 | 武術各派 | Comments(0)

鳥取で曾乃梁老師講習会。。。6月開催

毎年恒例~という感じになっている「曾乃梁老師による太極拳講習in鳥取」
今年の開催は、6月26日(火)~28日(木)の三日間。
★6月26日&27日:42式太極拳。
★28日:曾式形意拳(各内家拳を融合させている)~の基本功。
★上記以外、奥様(衛香蓮老師)による24式太極拳&六手気功(立式・座式)が各一日。
詳細は「華華倶楽部」にお問合せ下さい⇒ huawuclub0703@gmail.com




≪曾乃梁老師紹介≫
国家級武術教練(正高級)、武術九段。現任福建省武術協会副会長。中国当代十大武術教練。

1941年生まれ、小説「水滸伝」の英雄たちに憧れ、12歳より、高手として知られていた王于歧老師(南少林、南拳、太極拳に精通)より習武開始。

1959年、北京体育大学武術班に入学、張文広老師(当代武林三泰斗:南京中央国術館で、長拳、太極拳、形意拳、八卦掌等拳術械及び摔跤、拳撃、散打、短兵、長兵等を学び、各種の大会で優勝)に随いて学ぶ。文革前に武術系で研究生(大学院)まで進んだのは、一期生は張広徳・孟昭祥、二期生は曾老師の三人のみ。

1977年、福建で武術隊が組織されたのを機に帰郷。
当時の練習環境は恵まれておらず、体育館等は無く屋外での練習。雨が降ると、事務室でストレッチをしたり~な環境。上司に抗議して、ようやく雨を凌げる屋根のある環境を確保。実戦的ではない表演武術=假功夫と発言する人もいる中、生徒たちの才能を信じ育成。初めて参加した大会では、金メダル三個、銀メダル二個、銅メダル三個を獲得。

「私が北京体育大学にいた頃は、外国の賓客を接待する際に武術表演するというのも大事なことだった。そして、観客たちからの喝采を受けた。套路表演による大会を見下している人もいたが、私自身は発展の可能性を感じていた」

以降、福建武術隊で多くのチャンピオンを育成⇒「林秋萍=太極之花」「高佳敏=太極女神」「陳思坦=太極王子」

★本来の実戦武術を学び~套路武術の発展と共に歩んできた曾乃梁老師の講習~是非!
気さくな性格の老師、参加者の質問にも快く答えてくれると思います。
主催者は、曾衛紅老師(娘)が日本留学していた時に、親身に世話をした母親的存在の方。老師にとっては家族同然~アットホームで和気あいあいとした太極拳学習ができます~(^^)v


★曾老師の北京体育大学時代の老師「張文広」
中国武術を初めて世界的に展示した1936年のベルリンオリンピックにも出場しています。


by takeichi-3 | 2018-05-26 23:53 | 武術各派 | Comments(0)

峨眉山武術とか、お楽しみください。。。

★「日本就是日本,连个猴子也不像别人的~やっぱり日本、猿でさえも別物」
というタイトルを付けた中華系の人がいて~りく君のパフォーマンス、凄いです。




★で、中国中央テレビのドキュメント番組「伝承」。。。今回は、峨眉武術。


by takeichi-3 | 2018-05-24 23:51 | 武術各派 | Comments(0)

武術系動画でも。。。

最近、中国の動画サイトで全中国武術大会系の映像を探し出せなくなっていますが、YouTubeに、四月に四川省成都で行われた全国武術套路冠軍賽(伝統項目)の宣伝映像が。




★中国国家級非物質文化遺産となっている「英歌」を武術的見地から辿っているドキュメンタリー。
広東潮汕地区~普寧、揚陽、惠来、潮陽、陸豊及び福建漳州等の地区に民間習武禁止時代に南派武術を戯劇等の芸術と一体させて習武を隠したという集団舞踏。表演者たちは水滸伝に登場する人物を装っています。訳している時間が無く申し訳ありませんが、英歌ドキュメンタリーお楽しみ下さい。


by takeichi-3 | 2018-05-16 23:59 | 武術各派 | Comments(0)

武術苦修。。。少林心意把

3月31日に紹介した「少林心意把」、中国中央テレビのドキュメンタリーに登場。
選抜した弟子たちに、呉南方自身が行っていた苦修を~二十四時間、就寝時でさえも修行。



★少林《心意把歌訣》。。。の実践。
1) 意把勢法単、它系少林内功拳。拐起毛会藍掌宜吐、起落身法随意変。起如挙鼎提口気、“嗯”声落如分礫。運気宜順為要旨、落下好似掘地般。夜静練勢意集中,形似白猿跳山潤。
2)運运百会達湧泉、行輸丹田崑崙転。通往中腕到膻中、三合以后抵労宮。气从両足向上提、気達周身用呼气。起如挙鼎低顎吸、落地分礫気呼出。左右起歩循環跳、亮翅展身騰丈余。初練毎時三十六、月後九九八十一。天天如一千日連、功到気随走遍天。



このドキュメンタリー≪伝承≫シリーズの貴州苗族に伝わる「麻山絶技」も、凄いです。


by takeichi-3 | 2018-05-12 23:57 | 武術各派 | Comments(0)

自然門功夫。。。

昨日UPされたばかりなのに、既にアクセスが4000を超えている武術動画~自然門基本功。




自然門って???
清代の徐始祖(身体が小さかったので徐矮子と呼ばれていた)により創られ~杜心五(南北方大侠)~万籟声へと引き継がれた他の武術とは異なる風格を持った拳種。その套路は複雑。重要なのは拳ではなく功⇒練気による動作の自然。

近代十大武林高手の中に名を連ねられることもある「万籁声」⇒子供の頃から身体が弱く、国立北平林業大学卒業後、大学に残り助教授職に就いていた頃に杜心武に弟子入りして、少林自然門の内功を学ぶ。これは、一人の弟子のみに伝えることが許されている秘拳。


★万籟声による基本功等。。。






★万籟声に学んだ、Liu DeMingの自然気功~「五行気功」。。。




※色々と興味が尽きない拳種なのですが、時間が無くて。。。ρ(. . )
by takeichi-3 | 2018-05-09 23:58 | 武術各派 | Comments(0)