<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

太極拳の身法って。。。

董英傑の楊氏快拳。。。
★董英傑:河北邢台任県人。幼い頃、劉瀛洲から武術を学んだ。後に李香遠に太極拳を学び~
その後、北京での楊氏太極拳の名声を聞くに及び、憧れ~1926年、楊澄甫に弟子入りを願いでる。その誠実で必死な態度により入門を許され~精進する姿に、楊澄甫の信頼も厚く、楊氏を代表する弟子の一人となった。





f0007580_035011.gifこの週末、大雨の中で行われた埼玉県大会も無事終了。
今日の太極拳練習は基礎返り~虚領頂頸、沈肩墜肘、含胸抜背、尾閭中正、節節貫穿~などの太極拳用語の実践により作り出された太极劲の体感&実用。地味で細かい作業(?)ですが、レベルアップの近道。初めて参加の方もいましたが~喜んでもらえました~(^^)v

身法。。。《楊澄甫式太極拳》では~
楊式太極拳の身法は、動作(套路)を作り出す要因。
身法は、人体中部(肩部から胯部)への要求。
人体中部~五臓六腑を始め、肩、背、胸、腹、脊、腰、胯等重要な部位。
伝統理論が提言している、尾閭中正、含胸抜背、気沈丹田、松腰胯、収臀、吊裆は中部に対する要求=規範⇒その決まりは、きっちりと守られなければならない。

アライメントを整えることで松(緩)下沈~足裏からの太極劲が発生~これを意識により運用。
 太極劲~筋肉から作り出される力とは異質な実態のある力⇒その運用の基本が十三勢。

拳論によると。。。
「身必以端正為本、以周身自然為」「太極拳講究立身須中正安舒」
太極拳では「立身中正」⇒身法の第一要素。套路であっても推手であっても立身中正を保ちながら鍛錬しなければならない⇒相手のバランスを崩す為に必須。立身中正不偏により支撑八面、静如山岳、動若江河が可能になる⇒立身中正は身法の根本。
by takeichi-3 | 2017-10-31 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)

馬雲出演~超豪華功夫映画。。。

f0007580_2358476.jpg

f0007580_09830.jpg
単なる噂だと思っていた、≪馬雲≫が主演するという功夫映画。
最近、本人が微博で公言した~20分の短編≪功守道≫の制作。

ドニー・イェン、呉京、トニー・ジャー等のスターたちに朝青龍、邹市明(ボクシング世界チャンピオンも出演。ジェット・リーは総監督。袁和平、洪金宝、程小東等カンフーレベルが宗師級俳優たちの武術指導も。

ジェット・リーによると、役者たちは報酬ゼロで参加⇒この短編映画に、中国功夫の先輩たち及び中国文化への畏敬の念を込め~全世界に発信して共に中国文化を分かちあうのが目的だから。

≪馬雲:ジャック・マー≫
1964年9月10日、浙江省杭州市生まれ。
中国アリババ社(阿里巴巴集団)の創業者、現会長、元CEO、ソフトバンクグループ取締役。
中国本土の起業家で初めてフォーブスに名前が掲載され~今年7月現在、世界で18番目の資産家。

馬雲と太極拳の繋がりは、、、
1988年に杭州西湖の公園で太極拳を学び始めた。その後、幾人かの老師に学び~2009年に陳式太極拳宗師王西安の門下となり、ジェット・リー&王占海(西安の子)と共同で太極禅苑を運営。

馬雲が太極拳を愛する理由は、、、
太極の陰と陽、極まると転じていく~何時≪収≫に、何時≪放≫に、何時≪化≫に、何時≪聚≫に等、企業管理にも通じる妙がある⇒企業内部管理、職員管理、顧客やライバルに対しても太極拳宗旨は活用できる。

★11月に公開⇒動画サイトとかにUP=誰でも見られるような。。。(#^_^#)v
by takeichi-3 | 2017-10-30 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

ただ今、修行中。。。(`_´)!

ただ今、修行中〜みたいな。。。(((((((/-_-)/


by takeichi-3 | 2017-10-29 23:55 | Comments(0)

ほよ~高手。。。

★インドネシア語で紹介されている少林サッカー。。。




★改めて、周星馳の少林寺サッカーなど~断然、面白い。。。




★今年、中国で公開された喜劇映画≪絶世高手≫での料理バトル。ゴジラと悟空も登場~(^^;




★何故か~倉田保昭が出演。。。




映画全編、You-TubeにUPされていますが~
「周星馳作品のカンフー、少林サッカー、食神を大雑把にミックス」とか、「映画館に足を運ばなくて良かった」等、酷評されています。。。((((((/-_-)/
by takeichi-3 | 2017-10-28 23:58 | 中国映画音楽 | Comments(0)

中医的、気と血。。。

★古い文章を整理していたら~
出典は何処だったか分からないのですが、気と血を説明している中医の文章があったので。。。


f0007580_23263747.gif≪気≫
気は,臓腑を中心とした人体の活動を支えるエネルギーのようなものである。
気には色々な働きがある。気の名称は、その主な活動部位と働き方によって異なる。

一般的によく用いられる気の分類としては、、、
原気(元気)・宗気・衛気・営気(栄気)の4つに分ける方法がある。

★人体における気を生成する原料
①水穀の精微(水穀:飲食物,:栄養物質)
②自然界の清気(今でいう酸素のようなもの)
③先天の精気(先天的に親から受け継がれるエネルギー)

①水穀の精微
水穀(飲食物)の精微は胃で吸収された水穀の中から、脾や小腸が分別する有益な「清」なる物質のことである。そして、分別された水穀の精微は、脾によって吸収・運搬され、気・血・津液の生成に運用される。

②自然界の清気
自然界の清気とは、肺が吸入した大気中の有益な物質のことである。
現代医学でいえば酸素に相当する物質と考えられる。また「肺は呼吸を主る」といわれ,呼吸活動が肺の重要な生理作用の一つとして古典に示されている。

③先天の精気
先天の精気とは、両親から受け継ぎ子孫に伝えられてゆくもので、特に生殖や発育に関与するものである。また「腎は先天を主る」といわれるように、先天の精気は腎中の精気でもある。

★気の四つの種類
①原(元)気
両親から受け継いだ、生命活動の原動力。
先天の精より生成され、後天の精気により補給される。
臍下丹田に集まる。

②宗気
上焦(心・肺)の機能を支え、推し進める。
自然界の清気と水穀の精微が交わって生成される。
胸中(中:だんちゅう)に集まる。

③営気(血の一緒に流れるので営血とも言われる⇒陰に属するので営陰とも)
血液と共に流れ、全身の滋養を行う。
水穀の精気より生成される。
脈中を流れる。

④衛気(陽に属するので、衛陽ともいわれる)
脈外を流れ、全身を防御・温煦する。
水穀の悍気より生成される。
脈外を流れる。



f0007580_2327699.gif≪血≫
血とは、脈中を流れる赤色の液状物をさしている。血の流れる管を血腑・血脈という。

★血の生成
血の生成には大きく二つの過程がある。
一つは水穀の精微から生成される過程であり、もう一つは精から化生される過程である.

一つめは、水穀の精微が脾に運ばれると営気が生成され、水液の有益な部分からは津液が生成される。脾は水穀の精微から直接血を生成するほか、営気と津液を合成して血を生成する。そしてこの過程では心火(心陽)の温煦作用が加わって、血が赤色を呈する。

もう一つは腎精化血である。腎陽の温煦により腎精が血に転化して脈中に入る。またその反対に精が不足すると血が精に変化して精を補充する。このように精と血は相互資生・相互転化する関係にあるので,「精血同源」といわれる。

★血の働き
血は、営気と共に脈中を流れ、四肢や臓腑を潤し、その働きを支える。
血は、夜、臥床時に肝に戻るもので、覚醒・活動時には、必要に応じて脈中を流れて全身を循り、知覚活動や手足の動作や運動などの活動を円滑に行わさせる。

★血と五臓の関係
血は心肝脾と関係が深い。
②心は、脈を介し血を全身に送り出し、血の循環や拍動に関与する(心主血脈)。
②肝は、血量を配分して昼夜の別や活動する部位、器官に応じて血量を調節している(蔵血)。
③脾は,血の生成に関与して全身的な血量の多少に関与している。また,栄気を介して血が脈外に漏れないようにしている。(統血)
③肺は治節を主る作用により、心の拍動を律動的になるよう調節している。また血に清気を注入し,濁気を発散する.
④腎で、腎精と転化し合う。

【血の生理】
①眼を滋養…物が良く見える。
②筋骨・関節を滋養…筋骨が強くたくましい・関節運動スムーズ。
③足を滋養…正常歩行ができる。
④掌を滋養…物をしっかり握ることができる。
⑤指を滋養…しっかりとつまむことができる。

【血の病理】
①眼は乾燥して動かしにくい・視力低下。
②関節の動き悪い。
③四肢のしびれ。
④皮膚がかゆい。
⑤筋力低下。
by takeichi-3 | 2017-10-27 23:50 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

ジェット・リーのyou-tubeサイトから。。。

★Jetli_Comが編集した、全中国武術大会等での対練。。。




★他サイトで編集された自身の幼少期の動画を登録紹介。。。




★ジェット・リー、ドニー・イェン、呉京で映画を撮影する~という噂を裏付けるような、ドニー・イェンの結婚記念日映像~袁和平監督、資金提供の馬雲が集まっています。


by takeichi-3 | 2017-10-26 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

ロボットTAIJI。。。

★ロボットダンスならぬ、ロボット呉式太極拳〜みたいな。。。



アメリカで太極拳を指導しているというこの老師の師匠は、呉鑑泉の弟子≪楊華彪»。
⇒北京より上海に移っていた呉鑑泉宗師。1937年に始まった中日戦争の影響で、その長男呉公儀は上海を離れ香港に渡り、香港鑑泉太極拳社を設立。当時、香港の南華体育会の武術部の責任者だった広東省出身の楊華彪は、呉に参加を請い~後に、呉鑑泉を師とすることになった。


★「推手も出来る関節ロボット」〜で、性能をアピールみたいな。。。


by takeichi-3 | 2017-10-25 23:48 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

太極気功ウォーミングアップ。。。

★By 胡暁飛老師(北京体育大学導引養生功)
による、≪太極気功ウォーミングアップ≫

丁寧に、関節&筋肉をストレッチしています〜(^^)v



by takeichi-3 | 2017-10-25 00:24 | Comments(0)

十年前から~北京で太極拳規律。。。

今日は、崔仲三老師の伝統楊式太極拳講習に参加させて頂きました。。。m( _ _ )m
初めて指導を受けてから二十年以上~ようやく「良い動きが出来るようになった」と言われ。。。
「最近は、身法で動く~を重視して練習しているのですが、それが見てとれますか?」と質問。
「有!北京で過ごした時間が効いているんだね~(^^)v」
という返事をもらい、ホッとしています。。。(#^_^#)




f0007580_23474488.gif規律が自然運用されるようになるには、まだまだ時間をかけなければなりませんが、、、
ここまでになるまで十年以上。
飽くことなく、同じ注意を与え続けてくれた宗維潔老師に感謝!



★2007年4月。。。
起勢の動作を始めた途端に、
「肩と腰が一致していない。」
「何故、真っ直ぐに座らないの?」
「頭を吊っていないから、押す力が出て来ない。」
等々、次から次へとクレームが、、、
でも、でも、キッチリと原因を教えてくれるので、とても勉強になります。


★三カ月後。。。
午後3時からは太極拳。
内容は、呉式の基本功(前歩練習)と42式総合拳だったのですが、どちらに関しても注意される事柄は“節節貫通”
「全ての関節が動くべきときに、一つでも動いていないものがあると勁が滞ってしまう。」
で、関節に思いを馳せながら動いていると、
「でも、主導権を握っているのは腰だから、それに従わないと、、、」
厳しい要求は辛くはないけど、自分では、それなりにやっているつもりだったのに~ 


★その三カ月後。。。
f0007580_23173690.gif
昨日の練習時、今まで覚えた各套路の崩れに危惧を覚えたので、
今日は、32式剣のチェックをしてもらいました。


とりあえず、一段=“起勢”から“独立上刺”に至るまでを。。。
かなり軽い気持ちで始めたら、動くと同時に、「腰が横に突き出ている」、「お尻が後ろに出っ張っている」、「左右の肩が平行じゃない」、「腰が反っている」などなど、用法以外のところでクレーム殺到。

そして、それらの原因等解決方法も、、、
「見て、見て、“収臀=尾閭中間”が出来ていないせいで、こ~んな形になっている!」
“ふむ。。。確かに、それは酷過ぎる!!! ( - - )***
「あなたに一番必要なのは“站功(タントウ)”ね。家の中でも時間があったら、即、“站功”。先ず、身体に正しい形を覚えこませなければ!」

ん。。。“収臀=尾閭中間”の効果って???
“収臀=尾閭中間”が出来ると、小腹は少し上を向いたような感じ(収腹)になり~股関節が円筒となると同時に気は自然に丹田へと落ちていきます(呼吸時、“胸空腹実”になる)。そして、背骨の腰部湾曲(反り)は自然に外側へと張り出し(腰弓)、これによって強度が増加します。
経過動作で脚を寄せる時、先ず下半身関節の緊張を解き“収臀=尾閭中間”を意識すると、腰の歪みや左右の肩の不均衡を解消することが出来ますし、身体が上下することも無くなる上、回転角度も増すので、身体全体から自然に活気が溢れてきます。

効果絶大!というより、基本中の基本なのでしょう、、、ρ( . . )
明日から、又、出直しです。( -"- )!


★その二週間後。。。(((^^;
“さ~て、気合を入れて42式総合剣でも~!”と、一段を動き始めた途端にクレーム。
「腰がまわっていない」、「もっとお尻を入れて」、「腰が左右に飛び出している」、「頭を上げて」「肩、左右が平らじゃない」、「弓歩になる時も、虚歩になる時も、平に移動して」、「腰を立てて」「頭」、「首」、「背中」、「腰」。。。一時間半の練習中ズ~ッと、こんなでした。

結果、いつもは穏やかな老師が、(`へ´)になりながら、
「上達したいなら“站功”以外には手立てがないの。長い間の間違った練習でついた癖を取るためには、頭がコントロールしなくても自分自身の身体が自然に正しい形になるような訓練をしないと~家の中でも外でも、ほんの少しでもいいから、気が付いたらタントウ!」

蛸(T_T)蛸


★2007年末。。。
老師の言葉。
“放松”といっても、筋肉は緊張して(使って)います。
下半身の筋肉が強ければ強いほど支える力が増して、上半身は放松が可能になります。
上半身にしても、筋肉で軸を支えるようにしないと、クニャクニャになってしまいます。
常に、尾閭中間(⇒後ろ脚踵に座ることが可能)を考えて動作を行うように。これが出来ていないと、後ろ足の劲を利用することが出来ませんし、立身中正が保てません。
数多くの練習を重ねて、自分の内側の感覚を研ぎ澄ませる(自分の身体との対話)。

文章にすると、コレだけなのに、短時間では改善できないのです。(T_T)...
by takeichi-3 | 2017-10-23 23:52 | 太極拳理論 | Comments(0)

欲張り映像。。。42式拳&剣等

太極拳チャンピオンたち四人の表演を一気に~みたいな。。。(#^_^#)


★42式総合拳:陳思坦、易鵬、高佳敏、邱惠芳。。。




★42式総合剣:陳思坦、馮鴻昆、邱惠芳、呉阿敏。。。




★伝統楊式太極拳28式:傅清泉、趙幼斌の二人。。。


by takeichi-3 | 2017-10-22 23:54 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

太極拳用品販売の傍ら~拳理を解明しています⇒カレンダー下の「三清」をクリック~お立ち寄り下さい。m( _ _ )m


by takeichi-3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る