北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

太極拳系筋トレ。。。

f0007580_23521925.gif
昨日は、西洋式の機能(整体)トレーニング。。。
今日は、太極拳系~中国伝統的なトレーニング。

公園などで行われている太極拳の訓練では見ることは殆どありませんが、崔仲三老師とか~老師の家に集まった弟子たちが行っている大杆~太極拳レベルアップ向けの補助器械と認識されています。

拳諺では、「身体不整、用杆校」
練習要領は、精神集中、身体中正、身体&槍要成一整体、做到身霊、歩活、手合、劲整~長期の不断の練習で、内劲大増、劲整渾圓⇒力達杆尖。

★5mの大杆。。。
中国ネットで一般に販売されている大杆の長さは、2m50cm~4m超。。。




★石鎖~宗維潔老師が子供の頃、大人たちが練習していたと。。。




太極拳名家「呉文瀚=武式」による、伝統的な太極拳用トレーニング。
※現在、技撃目的で太極拳を学ぶ人が少なくなったことから、訓練者は減っているようです。

①石鎖
一般的な石鎖の重量は二十斤(10kg)~重い物で六十~七十斤。
提、挙、抛、接、托、頂、盘等の技巧により、腿、腰、背、肩、腕、指の力量を増大。
元々は、古代軍士の身体鍛錬方法。後に民間武術家に伝わり発展~多くの練習方法が考え出された。

②沙袋(砂袋)
河北邢台で武派太極拳を学んでいた子供時代、沙袋を投げ合うという方法で「順人之勢、借人之力、不丢不頂、化打合一」な太極拳功夫を学んだ。

沙袋の長さは約一尺、幅は五寸の枕状の布袋。中には鉄沙~五、六斤から十斤余りの重量。片手で順力を利用して投げ~順力を利用して受ける⇒肩肱等の順力接送~「化卸来力、再順
勢投出撃人」な太極拳の「逆来順応、引入彀中、順勢借力、旋転発放的技撃」などの原理に加え、習熟するに従って太極八法(掤、捋、挤、按、採、挒、肘、靠)が融化して技撃能力が高まる。




③太極球
1928年に出版された《健康指南》の中、褚民誼による「太極球」
推手八法を太極球によって練習出来る。外側はバスケットの皮を利用、中には鉄沙によって作られている。

十年程前に、太極球の製造を依頼していた生徒の拳友が、中味が水の太極球を製造した。
水と鉄沙は異なる物質~重心が留まることなく移動し続ける水はコントロールが難しいが、「听劲」の役にたつ。
by takeichi-3 | 2017-11-30 23:54 | 太極拳 | Comments(0)

ファンクショナル(機能向上)トレーニング。。。

ファンクショナル(機能向上)トレーニング。。。
周傑倫も行っているようです。



ファンクショナル系~本来は、身体の機能を高める、リハビリの為に考案されたトレーニング。
周傑倫のような筋肉は、別にマシン系も行っているからではないでしょうか。。。

ファンクショナルトレーニングの主目的。。。
・運動面⇒関節の動きや安定性の向上、筋肉の連携や筋肉の発揮向上、連鎖パターンの向上。
・日常面⇒階段の上り下りが楽になる。重い荷物をラクに持ち上げられるようになる。
・その他、高齢者の運動機能改善、筋肉や心肺機能の持久力を高める⇒長時間歩行を可能に。

一般的なマシン(部分的な筋トレとなる)と異なるのは、複数の関節と多くの筋肉が関与する多関節種目運動となっている点⇒個々のパーツが互いに協力しながら動くことで、全体として機能することを目的としている自然な身体活動に則したトレーニング⇒個々の身体情況に応じて強度や難度変えられる。


★北京体育大学。。。




f0007580_001199.gif
私も、上記トレーニング項目の半分位を週に三回は行っていて~
自他ともに、身体機能の向上を感じています。


★周傑倫&費玉清。。。


by takeichi-3 | 2017-11-29 23:58 | いろいろ | Comments(0)

元家班(七小福)&山東莱州中華武校。。。

山東省莱州中華武校が「我要上春晚」に登場。。。
おぉ~という感じの武術表演になっています。

UP


今週になってから、多くUPされ始めている動画。
7月に開催された上海映画祭。
その中、2015年から設置された「成龍動作電影周」でのイベント。
ジャッキー・チェンが作詞に加わっている「記念七小福」での歌唱映像編集~元家班の中国アクション映画への貢献の大きさが分かります。
「于占元師匠には沢山叩かれて辛かったけど、生存していく技術を教えこんでくれた」


by takeichi-3 | 2017-11-28 23:57 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

太極拳アライメント。。。胸・背・腹

f0007580_23512761.gif
太極拳アライメント。
胸、背、腹です。。。m( _ _ )m

★胸
太極拳は腹式深呼吸⇒含胸により呼吸の深度を高めている⇒運動による息切れ状態を防ぐ。
含胸~胸を内含・両鎖骨は松沈~胸が寛がるような感覚が伴う⇒固定された形ではない(呼吸と同じように、止まることなく繰り返されている)⇒完成度が上がってくると、「以身領手、以手領身、順勢転圏」となる⇒胸筋の伸縮により、上下左右に弧形旋動~この劲には、健身&技撃作用がある。

★背
含胸と拔背は同時に行われる。抜背は、胸が内含する時に背部筋肉が下松沈~両肩中間の脊椎3番辺りを境に、後方&上下へと⇒単純に後ろに張り出されているわけではない⇒背部筋肉に張力と弹性が生じる⇒背脊と肩腕は繋がっている⇒「力由脊発」⇒胸背筋肉の下沈は、松沈でなければ太極拳劲とはならない。

★腹
太極拳の腹式深呼吸と含胸抜背により、内臓器官の疾病予防&機能改善効果が得られる。
気沈丹田は、腹式深呼吸により実現する。腹式深呼吸は、腸を潤し強靭で弾力のある状態にする。横隔膜も運動⇒自律神経を刺激~副交感神経が優位になり精神が安定。


ここまで、訳していて~
過去のブログにも、似たような内容があったような。。。( ' ' )~~~

f0007580_2348237.gif
これは、2008年のもの~かなり深い。。。
文章で表せたからといって、掌握している訳ではない~を実感。。。(>_<)


相手の攻撃を防ぐ(化劲)効果がある「含胸」に対して、「抜背」は攻撃に欠かせない要素。
動作(形)としての抜背は、脊柱の後ろ方向への張り出しを指します。
強度のある抜背を作るには、両肩(肩甲骨の下を開く)と脊柱によって背中全体が後方に弧形となるよう張り出します⇒張り出しは背中全体(命門も)に現れます。

その弧により、背中には引っ張り合う感覚(横、縦両方向が同時に)が生じてきます。
強度が増せば増すほどその感覚が強くなります⇒“気貼背”。
楊澄甫老師が著わした《太極拳術十要》の中に、“抜背者、気貼于背也”という記述が登場します。これは、外形だけの抜背を指す言葉ではなく、“能抜背,則能力由脊発、所向無敵=抜背が出来ることによって、脊柱から力を発することが出来るようになり、向かうところ敵無しとなる”と続きます。

正しい抜背が出来ると、劲力による発放⇒発劲が思いのままになります⇒本物(中身が伴った)の抜背を掌握する⇒実用のものとなり、武術的効果を発揮することが可能になる⇒小力者勝大力者=「円形>方形」⇒これは力学的にも肯定されていることです。

「含胸=化劲」の後、間髪を入れず(ほんの僅かではあるが、時間差がある)圓に変じた背中(抜背)は、各部位から生じた劲力を脊柱⇒腕⇒手へと発放させることができます。これにより、太極拳運動独特の“以弱勝強”という効果を発揮することがでるようになるのです。
by takeichi-3 | 2017-11-27 23:52 | 太極拳理論 | Comments(0)

武当山での学武。。。

f0007580_23475293.gif早朝の武当山を走る子供たち。私が訪れた時も、こんな風だったなぁ~と。。。
武当山、三豊派の鐘雲龍道長と袁師懋道長の指導を紹介しています。



授業内容も豊富。。。時間に余裕が出来たら、長期で学びに行きたい場所です。


中国では、12月22日から公開される≪妖猫伝⇒空海≫
東京ドーム8個分の土地に作られたという唐時代の建物~その現場は武当山近くの襄陽。当面は観光地として公開されそうです。



主役は、詩人白楽天と日本の僧侶空海。
空海を演じている染谷将太。一人で日本からやって来て~付き人もおらず、中国側が手配した通訳のみ。台本は中国語。休憩となると中国語を勉強していた~と、好意的に紹介されています。


役にのめりこめるタイプ???
主人公の良きライバル役で出演している「3月のライオン」~別人です。


by takeichi-3 | 2017-11-26 23:51 | 武術各派 | Comments(0)

週末には~北斎でも。。。

f0007580_2374567.jpg

最近、NHKのドキュメンタリー番組を見るまで、葛飾北斎の偉大さに気付かずにいましたが、、、
その際、北斎の傍らで、同じく絵師として過ごしていた娘の応為の絵にも惹かれました。


その、応為を主人公に描いたアニメ。。。「百日紅~MissHOKUSAI」


by takeichi-3 | 2017-11-25 23:50 | 中国映画音楽 | Comments(0)

群馬で太極拳~師匠の師匠

f0007580_21533335.gif
明日、明後日と~群馬で太極拳。
宗維潔老師が来日~42式剣講習会に参加させて頂く予定。

最近、若い頃の宗老師が示演している呉式45式拳の動画をUPした人がいて、、、
その動きを見ながら、改めて、敵わないなぁ~と、実感。



講じている李秉慈老師の師匠、楊禹廷。。。
その太極拳に対する姿勢と指導は、、、
練習に向かう時は、数キロの道のりを単式練習を繰り返しながら進んだ⇒一歩が一つの搂膝拗歩とか~槍は、毎日800回撞いていた。練習時間は、90歳を越えても守られていた。寒暑、風雨などに影響されることもなかった。

社会の変化と共に、武術も「科学化」「規範化」「合理化」が求められるようになり、、、
その教え方は口数が多く、説明しては自ら動いて見せたので、参加者たちは早く套路を覚えることが出来た~自分の技術を隠そうとはせず、全てを明らかにしていた。

弟子によると、
「分からないことがあったら質問しなさい。難題であればあるほど、お互いに成長できる」
と言っていたと。。。

楊禹廷とは、師弟というよりは盟友のような関係だった李経悟。
李秉慈とは、17歳の歳の差はあったものの関係はよくて、朝に晩にと切磋琢磨し合った間柄。

f0007580_220558.jpg
練武が反動権威とされ、活動が禁止されていた文革時代。
李秉慈は、臨時工として野菜を配達しながら一家9人を養っていた。そんな時期に、李経悟が北載河から北京に~李秉慈を尋ねた野菜市場、凍り付くような寒さ。雪の中で働く姿を見て涙が流れたと~立ち話をする暇もなく、忙しく働いている李秉慈に付き添って野菜配達しながら半日~ようやく、二人は食事を摂り~郊外に住む楊禹廷の元へと向かった。

そんな時代を過ごしてきた李秉慈老師の指導方針。。。
「私自身、現在は太極拳を専業としている。現在、太極拳は大きく変化している。以前は女性の練拳者は少なかったが、女性の方が多くなっている。若者が多かったのが、高齢者の方が多くなり~推手練習が少なくなったり~私の教え方は、楊老師とは違う。先ずは套路を教え~その過程で、套路に出てくる式(勢=架)を利用して、基本功と基本用法など~中身の無い套路とはならないように、糾正&説明をしている~これらの知識が無いとレベルアップ出来ない。太極拳を練習するには、“何故、そうしなければならないのか?”を理解しなければならない。

という指導の結果が、、、
全套示演している宗維潔&各段示演している劉偉老師です。
by takeichi-3 | 2017-11-24 23:52 | 太極拳 | Comments(0)

雲手健康法。。。by傳清泉

f0007580_23563083.gif
雲手健康法。。。
以前にも紹介したことがありますが、、、
雲手の形が綺麗な~楊式の傳清泉老師バージョンがありました。




太極拳以外、少林寺などの外家拳でも重要な技~雲手。
簡単な動きですが、血圧や気血の巡りを整える~緊張を緩和するなどの効果がある。
両脚は肩幅の広さに開き~自然に沈む。
股(臀部)は固定して、手の動きに連動して上体を回す~目線と手(上)はズレないように。
重心、手が右に向かう時には右足に移り~左に向かう時には左足に移る⇒虚実の変化がある。
姿勢は中正(軸直)を保つ。
旋転により腰がほぐれ~血流改善、腰痛改善、心神を安定させる等の効果がある。
オフィスでも簡単に行える⇒立って行っても、座って行っても~大丈夫。
大体、1,2,3,4~なスピードで~二十回位を目安に。
by takeichi-3 | 2017-11-23 23:57 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

武術表演色々。。。

年末間近を感じさせる中国中央テレビの≪我要上春晩≫
大晦日に放映される春晚联会に向けてのオーディション。。。

★河南少林塔溝武校の表演。。。




★今年は、まだ登場していませんが、常連の山東莱州中華武校の去年の表演。。。




★北京に中国武術を学びに来たタイの青年と訪れる什刹海武校。。。
什刹海武校に隣接している劇場で公開されている功夫劇の練習風景を垣間見ることが出来ます。
親子連れ向き演目が多い什刹海劇場~地下鉄6・8号線開通。行きやすい場所になっています。


by takeichi-3 | 2017-11-22 23:59 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

太極拳アライメント。。。肩部

f0007580_0184154.gif
昨日に引き続き~今日は、「肩」
肩関節は上肢の中で最も重要な関節。なぜなら、その可動域が大きいから。
肩関節の松開旋転により、腕手の動きも順じて転圏となる。

上体の力の伝達により腕手が動く(身領手)になるには、先ず、松開肩関節が要求される。

肩関節の松開は意識の先導によって行われる⇒鍛錬を積むことにより少しずつ進化していく。
先ずは、動作に習熟~それから、肩関節の松開&下沈肩垂肱などの太極拳の法則を、ゆっくりと意識を用いて身体に染み込ませ~それが自然に行える状態へと昇華させる。

初心者は、先ずは、全身放松の過程で、肩関節の松開を意識~練習時間が長くなるに従って、松開により体内を松柔に貫く劲が感じられるようになる⇒この劲を利用することが出来るようになると、手腕は「軽霊圓活」「柔軟沈重」な動きが可能になる。


★立身中正形成時のポイントともなる「肩井(足少陽胆経)」のツボには、肩凝り、頭痛、自律神経調整、血行改良などの効果があります~加えて、腎経のツボも同時にマッサージ。。。




★時間が無くても肩マッサージ~「胡蝶開肩」可愛い名称です。。。(#^_^#)




簡単な動作ですが、多くのツボを刺激しています。。。

f0007580_0164852.jpgf0007580_017498.jpg
by takeichi-3 | 2017-11-21 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)