北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

夏バテ防止。。。カレーとかトマトとか

f0007580_22564673.jpg
忙しい中、筋トレ系にも励み~エネルギーは相当消耗しているはずなのに食欲が出ない~だったので、インドカレーの夕食。体調、良い感じです。

カレーに含まれるスパイスには、健胃作用や食欲増進、消化促進の効能があり、夏バテの防止に最適な食べ物。

カレー粉に配合されている香辛料の多くは、漢方では生薬として用いられているもの。
・カレーの色の決め手となるターメリック=ウコン⇒健胃・利尿・鎮痛・胆汁分泌促効果。
・クミン⇒胃薬として用いられる(消化を促し、腸内にガスが溜まるの防ぐ整腸作用)
・辛みの元唐辛子&胡椒⇒健胃・新陳代謝促進。
・コリアンダー⇒体内に溜まった有害重金属排泄。
・クローブ⇒食欲不振・肝機能低下・胃弱・下痢・腹痛。
・ナツメグ⇒下痢・低血圧・不眠・ストレス。
・カルダモン⇒消化器官不調改善、呼吸器官不調にも効果がある(咳痰を抑える)。


★中華圏、「カレーは日本の家庭料理」的な捉え方があるようですが、、、
日本人男性が中国語で夏野菜カレーの作り方を紹介している動画が。




★夏バテに効果があるというトマトと牛筋肉の煮込み~北京のレストランでは定番料理。
スーパーで牛筋が特価になっていると、つい作ってしまいますが~私は大根も加えています。




このコックさん≪王剛≫という名前~「美食作家王剛」で、多くの中華料理を紹介しています。
動画に寄せられたコメントも「無駄話がなくて的確~♪」と高評価!
by takeichi-3 | 2018-06-30 23:51 | 北京で中国料理 | Comments(0)

STREET PERFORMER TOP10。。。

タイトルそのまま。。。。。(((((/- -)/




あ。。。Short Film ”Buskers(大道芸人)”




この中で使われた曲、”The Pogues の DIRTY OLD TOWN”等アイルランド風味を~(#^^#)




by takeichi-3 | 2018-06-29 23:58 | いろいろ | Comments(0)

太極内劲=太極神韻。。。

f0007580_22495788.jpg
香港からの練習参加者に、陳意齋の胡桃菓子を頂きました~♪

香港では陳式を習っているそう~他の参加者は42式拳。
ので、身法レベルアップ訓練に⇒含胸抜背により出現させた劲を意識により運用する基本概念&攬雀尾等の用法を利用して、太極劲運用時(柔和で抵抗不可)と筋肉運用時(抵抗可)の力の質の違いを体感⇒站桩時、内側では何を追求しなければならないのか~を具体的に体得するのが主体の練習となりました。

★ある中国太極拳老師の書籍に書かれていた≪神韻≫の解釈。。。
 ⇒神韻:芸術作品などがもっている、表現しがたい極めて優れた奥深い趣。

一般の人には分かり辛いことかもしれませんが、内家拳の練習において、神韻は大切に丁寧に追求していかなければならない対象です。 実際には、目には見えない実体のないモノですが~研ぎ澄まされた精神によって、呼吸、身体が統一された運動は、自分自身でも他の人からでも美しいと判断されます。それは、音楽と同じです。身体の各部、器官が精神の指揮により一つの旋律を奏でるのです。

太極拳の神韻は、どのように現れてくるのでしょうか? 先人達は、≪以意行気、以気運身≫という表現を残しましたが、動作の中で神韻として現れてくる要素(太極拳理論を母体とした規律)をいかに把握していくかが大切です。

自分に足りない物は何なのか?それを自身で気づけるような段階(中級者)になると、練習方法にも変化が生まれて神韻(拳)が形を成し始めます。

練習によって得られる太極拳の神韻⇒その動作の中に太極拳理論の理解が現れている状態。他の人にも明らかに理論が見て取れる動き=神韻⇒用法も~手足の方向、路線、形の正確さなどが理論に沿ったもの(十三勢)として出現=神韻⇒長拳を、ただゆっくりとしたような動作を練習しているだけでは神韻は生まれません。
by takeichi-3 | 2018-06-28 23:52 | 太極拳理論 | Comments(0)

マカオ太極拳。。。李文欽

f0007580_23355767.jpg
今月開催された「第一回世界太極拳交流大会」主宰者は、昨年7月に香港に行った時に九龍公園で練習参加させて頂いた「李冷鋒」老師。

陳小旺老師を始めとした、中華圏名家たちの特別表演もあったりで盛大だったようです。


★名家表演の中で、その動きに魅かれたマカオを本拠に太極拳指導している「李文欽」老師。




★9歳の時から祖父に家伝の功夫を学び~2014年のテレビ取材時は70歳。



1954年。9歳の時、マカオでは「呉陳比武」という武林を盛り上げるイベントが行われた。叔父が連れて行ってくれて~武術は、こんな風に戦うんだと興味を持ち祖父から習武(南拳系⇒以降、陳式太極拳に興味を持ち国内で学んだ後、陳家溝で張志俊と出会い弟子となり~マカオに初めて陳式太極拳を持ち込んだ)。

陳呉比武がきっかけになったのか、香港の新聞が武侠小説の連載を始め~金庸や梁羽生等の作品により武侠人気が高まった。学校に行く傍ら、武侠小説を借り読み~武術への興味はますます高まっていった。
 
1967年に武術館を開設。70年に入るとブルース・リーの映画が大ヒットして、中国功夫は全世界に広まっていった。当時のマカオ、空手を学ぶ人が多かったが、ブルース・リーの出現で中国武術を学びたいという人が増え、武館は大盛況。館内ではスペースが足りなくなり、車や人通りが途絶える夜には道路を使って練習していた。


★中国武術を世界に広める~体育、表演、競技等という形での発展により文化は伝え残される。


by takeichi-3 | 2018-06-27 23:54 | 武術各派 | Comments(0)

命門と腰背中の働き。。。膨脹(ポンジャン)

★2009年に訳した当時の動画は無くなっていましたが、その後にUPされた同じ動画発見!

f0007580_2339273.gif
私たちが軽視してはならない事柄の一つに“命門と腰=背中”の働きがあります。

太極拳は陰陽が対立する運動。
手が前に行く時、後ろ方向に必ずそれに呼応する力があります。後ろ方向に力が無いまま、ひたすら前に向かうとバランスは崩れてしまいます。


どんな動作であっても、前に行くときには背中の一点には必ず後ろに働いている力があります。風船で例えるなら~息を吹き込む時、前に膨らむ時には必ず後ろにも膨らみます⇒バランスがとれている⇒力も作用も平衡⇒ただひたすら前にだけ膨らむということは風船ではありえません⇒人体においても、ひたすら前にだけ向かいって、後ろに向かう力を考えていないと重心が失われます。

練習中に命門や腰、背中を忘れたらどうなるでしょう⇒前に移動しているにすぎません。身体が前傾してしまう~例えば、搂膝拗步でこんな格好になったとしたらどうでしょう?命門・腰は後ろに向かわせます⇒背中全体が弓(圓)状になります。

※以降、老師が「抱虎帰山」などの動作を利用して違いを見せてくれています。

太極拳の要求は、膨脹(ポンジャン)=四方に拡張していく力。
前に向かう時には後ろに向かう力がある=協調。
両手を前に出す=背中が張る。
左右の手が分かれている時に、それぞれの手にも力の協調が表れる。

この後、生徒の動作がありますが~楊式府内派。かなり個性的です。。。(^^;

結論
動作を行うときには注意深く、前後左右の相反する力(膨脹)を考慮してください。


by takeichi-3 | 2018-06-26 23:50 | 太極拳理論 | Comments(0)

丁傑老師。。。宮崎で陳式太極拳

f0007580_2338399.jpg
一年が経つのって早いなぁ~と感じた。。。
真面目なんだ太極拳」主宰の≪丁傑老師≫による陳式講習会が今年も開催~決定したというお知らせ。

≪詳細≫
場所:宮崎市佐土原武道場内(久峰総合公園内)
9月29日(土)13:00~17:30/陳式太極拳 老架一路
9月30日(日)09:00~16:45/陳式太極拳 規定套路
※詳細が必要な方は、こちらへメールを⇒ chienstyle@gmail.com


1981~1988年に亘り、全中国武術大会太極拳において連続11回優勝している丁傑老師。
中国国内での人気は高く、最近ではこんな感じに加工された規定套路動画も出現しています。


by takeichi-3 | 2018-06-25 23:55 | 太極拳 | Comments(1)

湿邪(毒)対策。。。

f0007580_23325954.gif
湿度が高くなってきて、私も含め周囲に体調不良を訴える人が増えています。
身体の除湿邪(毒)対策~始めましょ!

湿邪は外から入ってくる「外湿」と体内から生じる「内湿」に分かれ、いずれも身体にさまざまな不調を引き起こす原因。その特徴は、重くて粘り気があり停滞しやすいこと。身体のだるさや鈍い痛み、水分の停滞によるむくみ、胃の不調といった症状が出現。

体内の余分な水分を排出するには、、、
運動で汗をかく、利尿作用のある飲料(はと麦茶等)や食物(胡瓜、西瓜、トマト、豆類、トウモロコシ、牛蒡、生姜、柚子、紫蘇、葱、唐辛子、ニンニク)を摂取。

★梅雨季や夏季の湿邪~ツボを叩いて改善⇒左右を各1分程度。
・極泉穴(心経~血液の流れをよくして心臓の負担を和らげる⇒高血圧の予防にも)⇒腋窩の中央。
・尺沢穴(肺経~呼吸器全般)⇒肘内側の真ん中。
・内関穴(心包経)⇒手首の皴から指三本下。
・委中穴(膀胱経~水分調整/老廃物排出)⇒膝裏の真ん中。
・陰陵泉穴(脾経~消化吸収を助ける)⇒膝内側の骨の下の窪み。
・足三里穴(胃経)⇒膝の外側お皿の下。
・承山穴(膀胱経)⇒脹脛の真ん中。

f0007580_23534345.jpg

f0007580_23551533.jpg

f0007580_2359974.jpg



★除湿邪効果がある、豚肉、ハトムギ、冬瓜のスープ。。。


by takeichi-3 | 2018-06-24 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

充実の中華武術。。。THIS IS KUNG FU

f0007580_835691.gif断片的にYouTubeにUPされているのを見たことがある、以前の中国武術映像の数々~その元となっているのが、1983年制作のドキュメンタリー≪中華武術≫だったということ、最近になって気付きました。




丁寧に、中華武術の数々を紹介~充実した内容です。
少林寺の羅漢拳に始まり~五祖拳、長拳、棍術、刀、地趟拳、九節鞭、洪拳(南拳)、ジェット・リー&北京武術隊、太極拳(楊振鋒、孫剣雲、呉英華、陳小旺、馮志強)、峨眉山、老猿拳王、猿棍、蛇拳、峨眉刺、剣、双長穂剣、双鞭、“40分位から”~五台拳、月牙鏟、槍、三節棍、梁山、双斧、武松脱銬拳(水滸伝に登場する高手武松が捕らえられ~手錠を外す)、古くから伝わる兵器、拐、牛頭、双鈎、刀鞭、鍬&棍対練、武当山、武当剣、長穂剣、通臂拳、酔剣、鴨拳、白鶴拳狗拳(地龍拳)、蟷螂拳、猿&蟷螂対練、鷹爪拳、鷹&蛇対練、杭州、形意拳、八卦掌&刀、硬気功、全中国武術大会(集体、対練等)。。。
by takeichi-3 | 2018-06-23 23:51 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

Unusual Sports。。。(((((/- -)/

★Europa Taichi 2018での剣~Unusual。。。




★世界各地のUnusual Sportsを紹介しています。。。


by takeichi-3 | 2018-06-22 23:58 | いろいろ | Comments(0)

河北太極拳。。。青年編

河北省体育局と河北テレビが共同制作した≪大道太極≫
太極拳主流流派の伝承者たちが登場(主になっているのは、河北省永年県広府が故郷の楊式・武式太極拳)~歴史や現状を紹介する全五集。その最終集≪道正青春≫。河北武術隊の選手たちの練習等を紹介しています。


by takeichi-3 | 2018-06-21 23:53 | 太極拳 | Comments(0)