<   2019年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

算盤が楽器に~(0人0)!

f0007580_23223347.jpg

空と花のコントラストが真夏の色合い。でも、気温は30度を超えず、湿度低めで快適な一日でした。

月琴演奏家、中国民族管弦楽協会理事、黒竜江省音楽家協会副主席という肩書を持つ「馮少先」の算盤演奏。十分余り~どんな展開になるんだろうと見入ってしまいました。




その息子、馮満天(古典楽器《阮》の音色を求めて自ら製造&演奏)は、4歳からバイオリン、6歳より父の指導を受け神童と呼ばれていたものの、ロックバンドに~その際、ギターとアンプを買ってくれたのは父親。西洋音階で月琴の音譜を作るなど革新的な考えを持っていた馮少先だからこそ~台湾公演での親子共演⇒アンコールに選んだのは古典曲≪山坡羊≫~伝統と現代をユーモラスにミックスしています。




ついでに、妻76歳、夫81歳になる夫婦が営む石家庄のお豆腐屋さん。朝食は外食~中国では割と普通です。




by takeichi-3 | 2019-06-17 23:54 | 中国映画音楽 | Comments(0)

太極拳の形と呼吸の配合⇒陳式:金剛搗碓を例に。。。

陳式太極拳の金剛搗碓。




★太極拳の形と呼吸の配合⇒陳式:金剛搗碓を例にした細やかな説明が中国ネットに。

練習に際しては、下記に述べるような意識の支配導引による形と呼吸の配合を通しての動作形成を心がけなければならない⇒動作導引呼吸的有機結合⇒“意到気到、気到達劲随”となる⇒規律のある拳勢呼吸による完成⇒動作に呼吸を合わせる~は、気を滞らせる⇒太極拳の養気という目的に反する。

①頂劲虚虚領起、以中気潜転為軸、腰劲先左后右旋套、身体螺旋下沈,双手左逆右順、走弧線向左前方棚出、膻中穴微内含、周身合中遇開、丹田吸気、気結中宮、眼視前方、耳聴身后、兼顧両腎。

②腰劲微向右旋、身体螺旋下沈、双肩左催右領、引導諸穴内気潜転、膻中穴微内含、心気与横隔膜同歩沈降、座腕旋転、気聚軸腕、内棚外折、眼視右手。丹田呼気。

③腰劲向右旋、身体螺旋下沈、胸腰由左向右做下弧運化、双手旋腕転膀、向身体右側運展。同時松左胯、泛右臀。周身合住劲、継続呼気。

④重心移至右腿、左腿提起、里合扣裆、五趾抓地、小腹関元内収納気。双手上棚、目視左前方、気由丹田上行、丹田吸気。

⑤松腰下気、身体螺旋下沈、左脚内側向左前方滑出、内気順左腿沈降至湧泉穴、一吐既納。双手向右上方加棚劲、膻中穴微内含、劲催至双手加棚劲、気下行至左脚。

⑥腰劲松沈、双肩松開、右催左領、左手折腕旋転、松右股、泛左臀、開膝合膑、五趾抓地、湧泉穴由吐変吸、周身合住劲。

⑦以腰劲旋転領半身転動、催腎気左右上下立圓滚動、身体螺旋上昇、牽動往来気貼背、双腿里纏、裆劲前合后開撑圓、周身合中寓開、丹田吸気、気結中宮、眼視前方。

⑧松腰下気、身体螺旋下沈、腰劲向下松串、右脚震脚落地、右拳順纏下沈、落于左掌心,两臂撑圓、松胯屈膝、気沈丹田、周身渾然一体、此動呼気。

★“以気催形”が自然に行われるようになるには、ゆっくりと時間をかけた繰り返し練習が必要⇒《拳論》による“意在神、不在気”という原則を忘れずに⇒“形神兼備、内外兼修”


★金剛搗碓の用法も。



by takeichi-3 | 2019-06-16 23:54 | 太極拳理論 | Comments(0)

中国風でリラックス。。。

f0007580_23472217.gif

呼吸についての知識を増やしたくて~色々なヨガを体験していますが、今日のヨガは相性(?)が良かったのか、終えた後、身も心もリラックス。中心軸と重心バランス調整等~身体内側への意識要求も太極拳と似た部分があって、興味深い内容でした。


★BGM、気持ちを落ち着かせてくれる二胡。伝説的二胡奏者「阿炳」をイメージして創作された中国動画。



※実際の阿炳に興味のある方は、こちらへ⇒ 《阿炳。二泉映月


★古箏演奏。




★洞簫(尺八系)演奏家「陳悦」によるヒーリング系~リラックスできます。


by takeichi-3 | 2019-06-15 23:59 | 中国映画音楽 | Comments(0)

カンフーキッド。。。

f0007580_2344285.gif

海外でBruce Lee kidsと呼ばれている「今井竜惺くん」のトレーニング風景~(((/-_-)/




中国の龍拳小子(テコンドー)林秋楠とのコラボ動画、再生回数二千万超え。




あ。こんな映像も。




これは、K-POP界デビューしたテコンドーグループK- Tigers。




by takeichi-3 | 2019-06-14 23:55 | いろいろ | Comments(0)

横隔膜稼働による下沈劲。。。

f0007580_22432219.jpg

新宿歌舞伎町周辺、昨晩の雨で空気が洗浄されたからか、天好藍!


f0007580_22566100.gif

最近、フィットネスのトレーニング時でも太極拳呼吸(横隔膜を下沈⇒身法の含胸の精度が上がれば出現)で動くようにしていますが~心拍数を上げる動きでも息が乱れることはなく、体幹強度も確実にUPしてきています。

★呼吸調整が出来るようになって、ようやく太極拳中級~な中国サイト情報。
太極拳では呼吸がキーポイント。気力が結合している太極拳ならば、疲れることもなく、日を追うごとに軽松が増していく。套路を通す時、起勢から収勢まで呼吸と動作を調整するのは必須。調整がうまくいかないと、体力も不足してくるし、動作も要求されている定式に至らない、息が上がる、連貫性がなくなるなど、色々な乱れが出現する。

内功拳術ともいえる呼吸方法⇒気を劲と成す。
初心者は自然呼吸法を基礎に、動作規格に習熟してきたら、腹式呼吸=横隔膜活動を主とした呼吸方式に。太極拳、意識による導引呼吸との協調によって、その運動の特徴でもある柔、均、細、長~が出現⇒横隔膜が下がるにつれて気は緩慢と腹部臍下に~腹部は自然に起伏鼓荡となる~この呼吸は自然呼吸よりも深長で、腹部の松緊により劲を全身に伝達できるようになる。

肺に取り込まれた空気は背中側へ(気貼脊背~背筋類と協調)⇒肩が上がっていると、胸は前に張り出されてしまう~含胸抜背、沈肩墜肘等の身法の遵守が欠かせない。


★2008年、李秉慈老師の講習会に参加した時に体感させてもらった劲も、横隔膜操作によるものだと、実感できるようになっている今日この頃です。

今日、北京から来日している、80歳になろうという老師の身体に触る機会がありました。老師の挺と張っている胸に掌を置け~というので、それなりに力を込めて胸に当てると~老師が含胸を作り~あ・あ!掌が老師の胸に引き込まれていく~!

次の指示は、胸と背に手を当てろと~おぁ~!含んだ胸の劲がそのまま背中へと抜けてくる~!

それから、上腹部にも触れさせてもらうと。あらら!劲が丹田に落ちていく~!

★お世話になった老師方々。ようやく中級に至ったようです。m( _ _ )m

f0007580_00130349.jpg

by takeichi-3 | 2019-06-13 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)

色々な太極拳&武当山。。。

f0007580_23483344.gif

以前から、顔を合わせることはあっても言葉を交わすことがなかったフィットネス会員と初めてお喋り。話が太極拳に及んで、太極拳にも色々な分野(?)があることを説明。

太極拳を行う人の目的は、実践、健康、競技とに区別出来る。そして、その訓練方法は、各人の目的に合わせて組まなければならない。中でも抜きん出て数が多いと思われるのは、“健康の為”を目的とした人。その人たちが太極拳を始めた理由は、気軽に楽しく身体を動かしたい~や、病気予防or慢性疾患を抱えた人がリハビリを目的としている~に大別出来る。

彼らを指導するに際して心がけなければならないことは、自然で、協調を主とした身体に無理のない動き。タントウを例にとるなら、高い姿勢で(脚に負担をかけない)で自分自身の身体(意識、呼吸も含め)をコントロールし易い条件で行う。

競技参加者や実践的な太極拳を目的としている人たちへの要求は厳しいものなる。動作規格の正確性。難度動作のレベルアップを図るには脚力や柔軟性など身体能力の強化に務めなければならない。

それぞれが異なる目的を持っている人たち。その基本功もその人たちに合わせたものとしなければ意味が無いものとなってしまう。


北京中医薬大学医学部「曲黎敏教授」が開設する武当山映像~改めて見てしまった今日です。
少林寺と並ぶ中国武術のメッカ武当山(道教)。太極拳の祖とも呼ばれている≪張三豊≫が修行した場所。自然に逆らわず、陰陽圓融(陰陽が滑らかに転換していく⇒太陽が昇り~月が昇り~⇒自然と一体となった⇒天人合一)な修行生活を営んでいる一人の道士を中心とした映像。



早朝の鐘⇒開静(雑念が生まれる)、夕の鼓声⇒止静(雑念を収める)。一日の修行は卯時(午前5時~7時)に始まる⇒天門が開く⇒天地の間に陽気が昇ってくる⇒人は床から離れて仕事を始める⇒人と自然の相合。

寅時に目覚めて“漱玉精”を行う⇒先ず舌先で歯の外側をマッサージ、続けて内側をマッサージ⇒湧いてきた津液(唾液)を飲み込む⇒津液は腎精滋養効果がある。

道教は天地の変化を人の中に投影している。天という漢字は、“一と大で構成されている”“人と四肢”“大きな人の上に天”など諸説ある。「人有耳目 天有日月」「人有血気 天有風雨」「人有肝肺肝脾 天有雲気風雨雷(天の臓器)」

風雨寒暑⇒天の四つの感情、三百六十五日⇒天の骨節、八方向の中心に天⇒九巧、春夏秋冬⇒天の四肢、金木水火土⇒天の五臓、円形の星空⇒天の頭、方(四角)⇒天の脚。自然界を身体に照らし合わせて、人身=宇宙として捉えている。

「黄帝内経」には、人体呼吸と天地の運行には規律があると記されている。昔の人の1呼吸は6.4秒だったが、現代人の1呼吸は3.33秒になっていて、昔の人の2倍近く早くなっている。本来、呼吸は遅いほど良いとされている。たとえば亀の呼吸は非常にユックリしている⇒寿命が長い。

天地運行の規律については、千年ほど前に武当山を訪れた“陳伝”が万物の変化を洞察した後に一枚の双魚図を描いた。それは、後に太極拳図と呼ばれ中国道家の道理となった。

武当太極=陰と陽のバランス。太極図⇒「陰中有陽 陽中有陰」
二つに分かれてはいるが、その分け方は直線ではなく緩やかな曲線となっている。陰陽は流動している=相克・相生のバランスを取りながら変化している。

錬金術などを求めていたこともあったが、内丹の最も偉大なものは生まれたての子供ではないか?骨も筋肉も強くはないのに握力は極端に強い。何の力もないのに獣に襲われることもない⇒欲が無い(純粋無垢)⇒自然。

生まれたての子供は手をシッカリと握っているが、その親指の先が当たるところには“少府穴”がある。この穴は心経(神明=気持ちを静める)の上にある⇒嬰児には神明が有る⇒成長に従い失われていく。

by takeichi-3 | 2019-06-12 23:52 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

中国の尺八。。。

★上海の尺八愛好家を追ったショートフィルム。



尺八,曾経的中国伝統楽器、以管長一尺八寸而得名。対于大多数人来説可能只是一件从未听聞的楽器、但対于倪費(豆子)而言、却是一份極力想要主語的珍品。和許多人一様、一開始豆子也不知道尺八是什么、但一次機縁巧合欣賞到了尺八的CD、那空霊、恬静的音色瞬間俘虜了他、如他自己所講“心中柔軟的地方一下被撃中了”、于是他開始去了解尺八。

尺八虽起源于中国、但从南宋以後一直被日本伝承和発展。20世纪以後、也是通過日本伝播到世界其他国家和地区、而在中国,这種楽器几乎被遺忘。尺八現在也是被帰為了日本的民族楽器、因此日本有着豊厚的尺八文化、而豆子也跟着日本大師神崎憲開始了尺八的学習。神崎憲是一位積極推動尺八重回故郷的尺八大師、也是在他的影响下、豆子決定要将日本的尺八文化回流中国、让尺八在中国重新生根発芽。


このショートフィルムの主人公「豆子」の師匠であった神崎憲さんは、2000年から尺八発祥の地である中国各地で無償で尺八を指導。2015年に逝去。

尺八の達人、神崎憲さんが大阪で亡くなった。享年66歳だった。古くから伝わる尺八というこの楽器は中国で生まれて日本で興り、中国ではすでに千年近くもの間失伝してしまっている。尺八の生まれ故郷で再び継承してもらおうと、神崎さんは2000年から中国各地を回って無償で尺八教室を開き続けてきた。解放日報が伝えた。尺八は隋や唐の時代の宮廷楽器の代表で、長さが一尺八寸であることからその名が付けられた。南宋の時代、日本の僧侶である覚心が杭州の護国寺で禅を学び、帰国時に尺八および「虚鈴」といった尺八の曲目を習って帰ったと伝えられている。宋代以降、尺八は次第に失伝されるも、日本で伝承されていった。

1999年、日本の尺八愛好家らがその源を探ろうと杭州の護国寺を訪れた。神崎さんは当時この訪問団のメンバーだった。この時の活動に触発され、神崎さんは2000年から上海、蘇州、洛陽、広州、大連、北京、山東といった多くの地で、尺八を中国で再び興し伝えるための活動を展開、弟子は百を超え、中でも上海には神崎さんを慕う弟子が十数人もいる。神崎さんが中国で活動をするに当たって、上海は特に重要な地で、毎年2回から3回の教室を上海で開いていた。


★女性尺八奏者「辻本好美」による尺八プロジェクトBamboo Flute Orchestra、話題になっているようです。



by takeichi-3 | 2019-06-11 23:50 | 中国映画音楽 | Comments(0)

筋膜~以前のブログから。。。

f0007580_23412194.gif

なんとなく、筋膜についても、以前にブログで書いているのでは~と検索してみたら、色々と出てきました。(^^;

★健身気功易筋経での説明の中では、、、
屈伸、外展内収、捩転運動を利用して、全身の骨格&大小関節を活動させる⇒筋肉、靭帯、筋膜など関節を接続している組織の柔軟性が増す⇒血液循環が良くなる⇒栄養補給&代謝も良くなる。免疫力を高めたり、老化を予防する働きをしている脊椎(命門、督脈)を刺激する動きが多様されている。

★中華武術名家講堂で参加した張全亮老師の講習会の内容は、その師匠である王培生老師が創った、養生効果も重視しているという伝統呉式37式~立身中正を保って背骨を軸に体を捩じる=骨膜と筋膜の癒着を解す効果が~腕を捩じって、肺系、心臓系の経絡を刺激~太ももや膝、踝のツボを手でマッサージしながら動く部分もたくさんあります。

★太極拳~正しい松が行われると、筋(骨)膜リリース効果もあります。中正(松)は、「三順⇒体順、劲順、気順」⇒心身のストレスを解除。肢体の各器官(五臓六腑)、肌肉、筋膜、関節などを緩弛、舒展、伸長により、自然(力みのない)力で体を支え保ちます。「筋膜リリース=筋膜はがし」⇒筋膜とは筋肉や骨・臓器などを包んでいる膜。私たちの身体に欠かせない組織なのですが、固まりやすいのが難点。筋膜が固まることによって、肩こりや腰痛を引き起こす~関節の可動域が広がってケガをしにくくなったり、疲労回復が遅くなったりします。

★「武当八宝桩」は、内家養生功力の訓練方法。伸筋拔骨(骨と筋肉のストレッチ)を実践。動作の種類は少ないですが、経絡が考慮された動きになっています。



伸筋拔骨⇒身肢が伸長しない(筋骨が伸びない)⇒身体内の気血が通らない⇒「意到気到力到」が実現しない~という考えから、太極拳でも軽視してはならない功法と言われています。

今回は、養生&健康効果をメインに。。。
伸筋抜骨的功法は慢性疾病を治療改善して体を健康にする功法。この功法は身体機能器官を健康な状態に回復させる⇒気血の運行を良くし、体内各部に栄養を供給する道(経絡)の滞りを無くす⇒人体の陰陽バランス調整⇒気血の不通=陰陽バランスが崩れて病気になる。

身体の屈伸、収縮、展開、捻じりを取り入れた運動で、骨格、大小関節をストレッチ=「抜骨」を利用して「伸筋」⇒人体各部の大小筋肉群と筋膜を伸ばす。

関節を活動させることで筋腱、靭帯、関節囊等の周辺組織の血液循環、栄養代謝を高め~それらの柔靭性や可動性が良くなり~強身健体となる。

★筋膜★
筋膜は筋肉や骨、血管や神経、臓器などを包み込んでいる膜で、第二の骨格とも呼ばれるほど重要な役割を担っている⇒筋膜が固くなると、凝りや痛みが生じる。

★関節嚢(包)★
関節を包む結合組織。外側は線維性の膜、内側は滑膜の二重構造で、滑液で満たされた関節腔を形成している。

★滑液★
高濃度ヒアルロン酸を含む粘稠性のある関節内腔液。拡散や対流によって関節軟骨を栄養、関節面を滑らかにして摩擦を防ぐ、圧迫を分散させる。
by takeichi-3 | 2019-06-10 23:53 | 太極拳理論 | Comments(0)

筋膜と太極拳~台湾系。。。

f0007580_2345020.gif

「拳術修功課、功夫昇華的必経之路~修練筋膜」
台湾。「氣轉太極引筋膜功法」とか~気功や太極拳と筋膜を結びつけた功法が色々と出現しているようです。で、原文で申し訳ありませんが、筋膜の働きを紹介しながら太極拳規律と結びつけている文章がありましたので、お楽しみ下さい⇒青色部分が太極拳。

★筋膜是貫串全身的 3D 立體矩陣
肌肉有起止點,是二個方向的力量作用。肌肉雖是一條一條的獨立存在,但透過肌筋膜的串連可成為一個相關連的集合體。其中,筋膜組織將每一塊肌肉緊緊包裹住,目的是讓肌束和肌束之間的滑動更順暢,一旦筋膜變緊,肌肉滑動不順,就會影響到肌肉的使力狀況。人體藉著筋膜形成了一個多向性、多面性、全身性連貫的 3D 立體結構,讓人得以往各個方向移動。

這是太極拳講求「一動無有不動」、「一舉動周身俱要輕靈」的基礎。所謂炁遍周身、以炁運身,也許是透過佈滿全身的筋膜網絡協同運作。古人以「炁」名之,並非玄虛之說,只是說不出具體的事實。現代科學佐以解剖學及影像技術,漸能解釋古人較玄虛的說法,避免今人誤入思想之獄,成走火入魔的邪說。

★筋膜能分散壓力
特技演員從兩三層高度跳下來,翻一圈後又立刻開始奔跑,他們的關節能夠忍受從高處跳下的作用力而不會粉碎,主因是內壓(來自肌肉)和外壓(地心引力和地面反作用力)透過筋膜網絡在體內傳送並分散。筋膜能避免或至少將集中在單一肌肉、關節、骨頭上的壓力極小化,並能運用其黏彈的特性控制作用力產生的慣性。這樣的特性能保護身體並將動作時消耗的能量極小化。有關分散壓力的原理(「雙袋結構及張拉整體結構」),請參閱《解剖列車》第 43 及第 50 頁的說明。

筋膜網絡能分散壓力是天生使命,但人因後天的習慣,漸喪失這個先天能力,反而需要經過學習,才能重拾遺失的能耐。太極拳講究的鬆,無非就是要串連筋膜網絡。因鬆,則炁能積、能藏(筋膜亦為藏炁之所、使炁遍周身之意),再透過學習、練習,漸至能用。反之局部用力,易導致用力處形成網絡之斷點,即便是腳底湧泉也要鬆開。實際上,穿過湧泉透到地底下的不是實體的力,是無形的感覺,一般也是以炁稱之。另一方面,因對方來勁(或自己的重量)分散在實際面積極大的筋膜網絡,身體實質感受到的壓力變得極小(壓力=重量/承受面積,Pressure = Force/Area),這就是鬆的積極意義(鬆是消極的作為),也可以稱之為「不受」(受而不受,不受而受)。也是先陰後陽的陰,虛而不屈。老師與師爺都喜歡引老子的話:「將欲奪之,必固與之」,此「與」即「給」之意,老師說「要啥給啥」。若非鬆開,讓全身筋膜分攤,如何能削弱其勁力,而我能以鬆柔之身抵擋之,甚至反擊之。

★筋膜會收縮
筋膜內發現有如肌肉般平滑收縮的「肌原纖維母細胞」(Myofibroblasts)(Schleip et al. 2005),筋膜矩陣中也發現多個機械感受體,這些都可能產生如肌肉般平滑的收縮,並將結締組織中受到的剪力傳遞到中樞神經系統(Myers 2011)。理論上認為筋膜的收縮有助於穩定和控制能量的消耗。當太極拳要求不用力(肌肉力量),那麼動作中的收縮與伸展或許是筋膜的這個功能。

「力由於骨,勁由於筋」、「太極拳發勁,炁到而已」、「太極拳發勁是彈力」,及拳經提到「以炁運身,運而後動」,推測以炁所運之物便是筋膜網絡。古人藉炁、筋絡、奇經八脈 …等,解讀人體先天的動作機制,而現代的解剖醫學只是佐證了古人智慧的結晶。另外,老師常以「吞吐」取代「伸縮」來描述四肢的動作,常說吞吐由於氣(由於筋),而伸縮只是關節的局部運動。吞吐行之於內,外表看不出來,所以老師常稱我們練的是眼睛看不到的功夫。眼睛看得到的都是假象,模仿不來,非靠老師手把手的帶,方知箇中滋味。

★情緒會影響筋膜
R. Louis Shultz 和 Rosemary Feitis 在他們的著作 The Endless Web: Fascial Anatomy and Physical Reality (North Atlantic 1996) 中提到情緒是如何儲存在我們的身體,包括結締組織中。書中提到「身體是透過軟組織來反應情緒。筋膜就是情緒體……理想上,全身都會感受到感覺 — 情緒會經由筋膜網傳遞。一般我們會將這些生理感受稱為憤怒、愛、喜好等等。…… 你的脖子僵硬、無法伸直很可能源自兒時長期被霸凌的傷痛。如果無法認知到這個問題有其情緒上的源頭,單靠運動就無法治本。」
體態動作不僅僅是身體的,同時也是情緒的、生理的。人在憂鬱、緊張和害怕時,筋膜會變得僵硬、更難控制。情緒對體態、動作、本體感覺的影響很大。改善情緒就能調整筋膜網絡,進而改善整個身體情況。

太極拳要求的鬆,不僅是體鬆,更是神鬆。吳老師要求我練拳前必做三調:調身、調息、調心,就是進入太極的狀態。不懂得這個奧妙,容易疏忽帶過。在動作要求上,有時要我們身形再往下落三寸、再下三寸,有時練快、再快、還要更快。平常練靠山功或青卵石敲打身體,偶而會要求稍重一點。並非練低、練重、練被打是對的、必要的,而是在身體允許的範圍內,嘗試超越自己的經驗,以便在武術應用上容易保持原來的鬆。才不會一遇到對手,平時十分功夫用不到三成。這就是情緒造成的影響。


by takeichi-3 | 2019-06-09 23:58 | 太極拳理論 | Comments(0)

端午節~武術エアロビ。。。

中国、6月7日は端午節。2008年から休日となったので三連休。
端午節にはドラゴンボートレース。昨日から今日にかけて、YouTubeにレースの動画が多くUPされています。

これは、1937年に撮影された香港開催のレース。




北京滞在時に通っていた語学学校では、端午節になると生徒に粽を配っていました。(o^0^o)Ψ

f0007580_23381666.jpg

★端午節の粽&龍船の起源を改めて。。。
中国の端午節は子供に関わる日ではありません。2300年前の楚にいた、屈原(詩人&政治家)を偲んだ風習が多く残っています。

学識豊かで政治的見識にも富んでいたので屈原。早くより楚の懐王の信任を受けて左徒(補佐官)として手腕を発揮していたが、これを妬む重臣の讒言により王より遠ざけられるようになり。

婚姻による同盟を結ぼうという秦王からの誘いを謀略だと見破り、王を諫めようにも受け入れられず。陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。秦に赴いた懐王は捕らわれの身となり、楚の都は秦に侵略され~絶望した屈原は大石を抱いて川へと身を投げました。その日が、旧暦の5月5日。屈原の死を悲しんだ国民達は、屈源の死体が魚に食べられてしまわないよう、小船の上から太鼓を叩いて魚をおどしたり、供物を投げ入れ弔いました。

ところが、せっかく川に捧げた供物も、屈原のもとに届く前に悪い龍に盗まれてしまいます。そこで、龍が苦手にしている楝樹の葉に餅米を包み、邪気を払う五色の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、無事に屈原のもとへ届くようになったそうです。


★最低評価多数~を覚悟してYouTubeにUPした武術エアロビ。意外に好評でした。




★これが一般的な表演。。。


by takeichi-3 | 2019-06-08 23:59 | いろいろ | Comments(0)

太極拳用品販売の傍ら~拳理を解明しています⇒カレンダー下の「三清」をクリック~お立ち寄り下さい。m( _ _ )m


by takeichi-3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る